お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

マキシマム ザ ホルモン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

マキシマム ザ ホルモンMAXIMUM THE HORMONE)は、日本のロックバンドである。所属事務所はミミカジル(日本テレビ音楽内、マキシマム ザ ホルモンのみのマネージメント事務所)。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン。略称はホルモン

概要

1998年、東京都八王子市にて結成。結成当時のメンバーはナヲ(ドラム)、DAISUKE(現:ダイスケはん)、SUGI(ギター)、KEY(ベース)の4人。地元関東を中心に活動中、インディーズレーベル「SkyRecord」と契約。1stアルバム『A.S.A. Crew』をリリースした。この頃は楽曲タイトル、歌詞のほとんどが英語であった。メインソングライターはDAISUKE(現:ダイスケはん)が務め、曲調も現在とは大きく異なる。その後、SUGIとKEYが脱退し、亮君(現:マキシマムザ亮君)と上ちゃんが加入し、現在のメンバー構成となる。

バンド名の由来はマキシマムザ亮君(ボーカル・ギター)いわく「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの血沸き肉踊るような音楽をぶちかます!!!」というのは実は後付であって、実際はメンバーが肉好きだったため焼き肉の「ホルモン」の名前を入れ、そこにかっこいい言葉として「MAXIMUM」をつけ加えていった結果の名称である。当初は「Maximum The Hormone」と英語表記であったが、メンバーチェンジ後は現在のカタカナ表記となった(ただしカタカナ表記以降も英語表記が使用されることがある)。「マキシマムザホルモン」「マキシマム・ザ・ホルモン」などと表記されることがあるが、正式な表記は単語それぞれに半角スペースが入る「マキシマム ザ ホルモン」である。

音楽の影響

  • マキシマムザ亮君は、マイク・パットン関連のバンド、うしろゆびさされ組、トゥール、システム・オブ・ア・ダウン、The Queers、Skindred、すかんち、SNOT、NOFX、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、電気グルーヴ、Tub Ring、ランシド、野狐禅、ワルタリ、初期エイジアン・ダブ・ファウンデーション、PUYA、SELART、ワイルドハーツ、Terrorvision、コンヴァージ、The Presidents of the United States of America、初期Teddybears、 Molotov、オアシス、ラモーンズ、初期コーン、マインドレス・セルフ・インダルジェンス、パンテラ、Look What I Did、中期真心ブラザーズ、ニルヴァーナ、ウルフルズ、Lye By Mistake、ラッツ&スター、ヴァンダルズ、ザ・フォール・オブ・トロイ、クイーン、One Minute Silence、後期TheeMGE、pinkpanthers、ジェリーフィッシュが好きなアーティストだと述べている。
  • ナヲは好きなアーティストに、UNICORN、椎名林檎、CHARA、真心ブラザーズ、SPARKS GO GO、ハイロウズ、ウルフルズ、スペースコンバインを挙げている。
  • 上ちゃんはレッド・ホット・チリ・ペッパーズから影響を受けている。また、好きなアーティストとしてSuicidal TendenciesやYKZ、Les Claypoolを挙げている。
  • ダイスケはんの好きなアーティストは、COBRA、ニューロティカ、THE RYDERS、スターリン、DEATH SIDE、Lip Cream、INSANE YOUTH、パンテラ、スレイヤー、ブラインド・ガーディアン、Ass?ck、Dropdead、Disrupt、エクスプロイテッド、G.B.H.、吉川晃司、ZIGGY、小沢健二である。

メンバー

旧メンバー

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1日券:9,500円(税込)
2019年9月28日 (土) 〜
2019年9月29日 (日)
新木場・若洲公園