お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

瀧川鯉昇



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

瀧川 鯉昇(たきがわ りしょう)は、落語の名跡。過去に鯉昇という名跡は、鯉朝や鯉橋同様に数名が名乗っているが、名跡としての代数は数えられていない。

  • 瀧川鯉昇 - 後の2代目柳亭左龍
  • 滝亭鯉昇 - 後の7代目三笑亭可楽

当代 瀧川鯉昇(本名:山下やました 秀雄ひでお、1953年2月11日 - )は、静岡県浜松市生まれ。浜松市立広沢小学校、浜松市立蜆塚中学校、静岡県立浜松西高等学校、明治大学農学部卒業。落語芸術協会所属で、同協会理事。浜松市やらまいか大使。出囃子は「鯉つかみ」。

芸歴

  • 1975年4月、8代目春風亭小柳枝に入門、春風亭しゅんぷうてい柳若りゅうじゃくとなる。
  • 1977年2月、5代目春風亭柳昇門下となる。
  • 1980年2月、二つ目昇進。春風亭しゅんぷうてい愛橋あいきょうとなる。
  • 1983年 「NHK新人落語コンクール 最優秀賞受賞。演目は「粗忽の使者」
  • 1984年 「国立演芸場花形若手落語会」金賞受賞。演目は「犬の目」
  • 1985年 「第5回 国立演芸場若手落語会金賞銀賞の集い」大賞受賞。演目は「味噌蔵」
  • 1988年度 「にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞受賞
  • 1989年度 「にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞受賞
  • 1990年5月、真打昇進。春風亭鯉昇となる。
  • 1996年 「51回文化庁芸術祭」優秀賞受賞。演目は「二番煎じ」「時そば」
  • 2005年1月、亭号を改め、「瀧川鯉昇」となる。

エピソード

入門以前

  • 落語家の登龍亭獅篭は中学校の後輩にあたる。お互いの実家は300mほどしか離れていない。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
11月3日(火・祝)10:00
11月8日(日)10:00
11月21日(土)10:00

全自由席:2,100円(整理番号付・税込)

11月3日(火・祝)15:00
11月8日(日)15:00
11月19日(土)19:00

全自由席:2,800円(整理番号付・税込)
2020年11月3日 (火) 〜
2020年11月21日 (土)
なかの芸能小劇場