お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

エリソ・ヴィルサラーゼ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

エリソ・ヴィルサラーゼ(グルジア語: ????? ???????????? ????? ?????????、ロシア語: Эли?со Константи?новна Вирсала?дзе、ラテン文字転写例: Eliso Virsaladze, Elisso Wirssaladze、1942年9月14日トビリシ - )はグルジアの女性ピアニストである。演奏家としてのみならず、教育者としても名高い。

概要

グルジアで有名な音楽教師であった祖母アナスターシヤ・ヴィルサラーゼよりピアノの指導を受けた後、トビリシ音楽院で学んだ。卒業後さらにモスクワ音楽院でゲンリフ・ネイガウスとヤコフ・ザークに学んだ。1962年にチャイコフスキー国際コンクールで3位に入賞し、1966年にはツヴィッカウのロベルト・シューマン・コンクールで優勝した。スヴャトスラフ・リヒテルと親交を結び、深く影響を受けたことでも知られる。

ルドルフ・バルシャイ、キリル・コンドラシン、リッカルド・ムーティ、クルト・ザンデルリング、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、エフゲニー・スヴェトラーノフ、ユーリ・テミルカーノフ、アントニ・ヴィトなどの著名な指揮者のもと、世界の主要なオーケストラと共演して、演奏活動を続けている。室内楽の分野でも活躍しており、オレグ・カガン、ナターリヤ・グートマン、ボロディン弦楽四重奏団、タネーエフ四重奏団と共演し、録音も残している。

モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、シューマン、ブラームスなどのヨーロッパの作曲家の作品や、チャイコフスキーをはじめとするロシア音楽を主要なレパートリーとする。特にシューマン作品の解釈には定評があり、リヒテルはヴィルサラーゼを「世界一のシューマン奏者」と称えていた。

教育者としても名高い存在で、1967年にモスクワ音楽院の教員に迎えられ、1993年に正教授に就任した。1995年から2011年の間はミュンヘン音楽大学、2010年からはフィレンツェのフィエーゾレ音楽院でも教壇に立っている。著名な弟子にボリス・ベレゾフスキー 、アレクセイ・ヴォロディン、エマニュエル・リモルディ などがいる。世界の主要なコンクールの審査員としても活躍している。

1969年にグルジア人民芸術家、1989年にソ連人民芸術家の称号を得ている。

日本にはマスタークラスやリサイタルで頻繁に来日している。近年だと7月に鹿児島で開催される霧島国際音楽祭に出演している。

脚注

外部リンク

  • モスクワ音楽院公式サイトのヴィルサラーゼ略歴紹介ページ(ロシア語)

参考文献

  • 『ピアノとピアニスト2003』音楽之友社、2003年、28-29頁。ISBN?978-4276961357。
  • “ELISSO VIRSALADZE”. PRO ARTIST. 2011年6月8日閲覧。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。