CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 早川和男

早川和男

早川和男



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

早川 和男(はやかわ かずお、1931年5月1日 -2018年7月25日)は、日本の建築学者、神戸大学名誉教授。専門は住居学。

来歴

奈良市出身。京都大学工学部建築学科卒業。西山夘三に師事。1973年「都市開発における空間価値の研究」で京都大学工学博士。日本住宅公団技師、建設省建築研究所建築経済研究室長などを経て、1978年神戸大学教授。1982年日本住宅会議事務局長。1993年『居住福祉の論理』で今和次郎賞受賞。1995年神戸大学を定年、名誉教授、長崎総合科学大学教授、日本福祉大学客員教授。「住まいは人権」をかかげて住宅・土地問題に取り組む。日本居住福祉学会会長、国際居住福祉研究所長を歴任。2001年より「日中韓居住問題国際会議」を三国の研究者らと開催。「住居は人権」という理念のもと、「居住福祉」の概念を国際的に展開する「居住学」の第一人者。

「九条科学者の会」呼びかけ人を務めている。

著書・編著

著書

  • 『空間価値論 都市開発と地価の構造』勁草書房 1973
  • 『土地問題の政治経済学 市民のための空間をもとめて』東洋経済新報社 (東経選書) 1977
  • 『住宅貧乏物語』1979 岩波新書
  • 『日本の住宅革命 ウサギ小屋からの脱出』東洋経済新報社(東経選書) 1983
  • 『新・日本住宅物語』1984 朝日選書
  • 『“狂乱"地価への提言』1987 岩波ブックレット
  • 『住まいの処方箋 「住」は人が主(あるじ)なのだ』情報センター出版局 1987
  • 『土地と住まいの思想 「あたりまえ」を実現するために』情報センター出版局 1988
  • 『住宅』日本経済新聞社(日経産業シリーズ) 1988
  • 『欧米住宅物語 人は住むためにいかに闘っているか』1990 新潮選書
  • 『老いの住まい学』1993 (岩波ブックレット

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。