お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

KENJI JAMMER



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴木 賢司(すずき けんじ、1964年9月18日 - )は、ワールドワイドな活動をしているロンドン在住の日本人ギタリスト。通称Kenji Jammer

来歴

10代の頃より「天才ギター少年」と呼ばれ、レコードデビュー以前にサザンオールスターズのオープニングや内田裕也のロックフェスティバルなどに出演する。

1983年、EPIC・ソニーよりミニアルバム『ELECTRIC GUITAR』でデビュー。

1985年、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ディープ・パープルの来日公演でオープニングアクトを務める。

1987年、元クリームのジャック・ブルースと共演、アルバム『INAZUMA SUPER SESSION Absolute Live!!』リリース。このアルバムで共演した際に日本国外での活動を勧められ、1988年に渡英。活動の拠点をロンドンへと移す。

1990年以降はロンドンにて本格的に活動を開始する。

1991年リリースのBomb The Bassのアルバム『Unknown Territory』に参加。このアルバムから「Love So True」「Winter In July」そして「Air That You Breath」がUKでチャートインし、BBCのチャート番組<Top Of The Pops>や<The Word>といった音楽番組に数回出演した。

ほかにもスタジオセッションワークとして、Sealのアルバム『Seal』やAnnie Lenoxのアルバム『Diva』、『In the Name Of The Father Original Sound Track』に収録されたU2のボノとギャビン・フライデーによるタイトル曲に参加し、Corinne Bailey Raeのアルバム『Corinne Bailey Rae』でもレコーディング・セッションに参加した。

1998年よりシンプリー・レッドのメンバーとして、バンド解散の2010年までレコーディングおよびワールドツアーにギタリストとして参加。引き続きミック・ハックネル/Mick Hucknallのソロプロジェクトに参加している。

2015年にバンド結成30周年を迎え活動再開したシンプリー・レッドのニュー・アルバム『ビッグ・ラヴ』にも参加、10月からの大規模な欧州ツアーにも参加が決定している。

ディスコグラフィー

アルバム

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。