お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

台風クラブ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

台風クラブ』(たいふうクラブ)は、1985年8月31日より一般公開された相米慎二監督による日本映画。

概要

台風の襲来をきっかけとして、日頃の鬱屈した感情を爆発させる少年少女の姿を通して、思春期の少年少女たちの危うさ・脆さを表現している。一見理解しがたい表現や、今日では規制の対象となるであろう過激な表現が散見されるが、それがかえって登場人物の心情の複雑さを浮き上がらせている。

イタリアの映画監督であるベルナルド・ベルトルッチもこの作品から創作意欲を刺激されたと語っている。また、この作品で体当たりの演技を見せた工藤夕貴が注目されるきっかけともなった作品であり、これまで優等生的な役柄が多かった三浦友和が、それまでのイメージを180度転換させるような演技をしたことでも注目された。

挿入歌としてBARBEE BOYSの「暗闇でDANCE」と「翔んでみせろ」が使用されている。第1回東京国際映画祭ヤングシネマ部門大賞受賞、第7回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞(大西結花)。

ストーリー

高見理恵らは高校受験を控える、ある地方都市の中学3年生。一見、普通の中学生のように振舞っているが、心の奥底では「何か」が起こることを期待している。ある日、理恵のクラスの担任教師の梅宮の授業中に、梅宮の恋人の母と叔父を名乗る大人たちが乱入し、梅宮に恋人と早く結婚するよう迫る。

翌日、台風が理恵たちが住んでいる町を直撃する。理恵は寝坊して学校の始業時刻に間に合わないことを知ると、制服のまま東京へ行ってしまう。そのころ、梅宮は生徒たちに台風がやってくるので早く帰宅するよう伝えるが、優等生で潔癖症の大町美智子は昨日の事件の真相を話すよう、梅宮に迫って帰ろうとしなかった。理恵の家族から理恵が家出したという知らせを受けた梅宮は美智子を残して職員室に向かうが、その間に美智子は彼女のことを日頃から慕っていた清水健に襲われる。そんなこととは知らない梅宮は理恵の恋人の三上恭一から「朝、理恵を迎えに行ったけど、理恵は出てこなかった」という言質をとると、理恵の家族に「学校は無関係です」と無責任なセリフを残し、美智子の姿が見えないことから美智子も帰ったものと思って、学校の入り口を施錠して帰宅してしまう。

美智子を襲った健だったが、昔、理科の実験中にふざけて自分が美智子に負わせてしまった背中の火傷を見て、我にかえる。そこに物音を聞きつけた三上が駆けつけ、さらに演劇部の部室でじゃれあっていて、帰る機会を逸してしまった森崎みどりらが合流する。三上は梅宮の自宅に電話をかけて、入り口が施錠されてしまったため、自分たちが学校に閉じ込められてしまったことを説明するが、泥酔している梅宮はまともに取り合おうとはしない。三上は大人に絶望し、学校に閉じ込められてしまったクラスメイトとともに乱痴気騒ぎを始める。

そのころ、東京に行った理恵は大学生の小林にナンパされて、彼のアパートまでついていくが、「みんなが心配している」と嵐の中、東京の街に飛び出していく。

騒ぎ疲れて、みんな寝静まる中、三上は一人、人間が生きる意味について考えていた。

主な登場人物

三上恭一:三上祐一
野球部3年。優等生で、東京の私立高校への進学を希望している。クラスメイトと悪ふざけをする一方で、哲学的なことを考えている。理恵の恋人でもある。女の子にもてる。
清水健:紅林茂
野球部3年。美智子に恋心を抱いているが、素直に自分の気持ちを表現できず、時々、暴走する。「ただいま」「おかえりなさい」とつぶやくくせあり。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。