お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

榎本悟



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

シアターキューブリックは、東京を中心に活動している劇団。代表は作・演出を担当する緑川憲仁。

概要

成城大学経済学部の同期だった緑川憲仁、漢那悦子(※2015年退団)らが中心となり2000年2月旗揚げ。100名以上の応募の中から旗揚げメンバーを選出、結成。

東京の劇場を中心にノスタルジックファンタジー作品を上演する。上演作には戦国武将・長宗我部元親を題材にした舞台作品『誰ガタメノ剣』や続編にあたる『七人みさき』、宮沢賢治をモチーフとした『葡萄酒いろのミストラル』などがある。

2010年1月に、東京都墨田区に本拠地を移転する。

特徴としては「おとなもこどもも」楽しめるエンターテインメントな演劇であることを大切にし、ポップでキャッチ―なビジュアルでありながら、その実、人の心の繊細な部分を描く作品を作っている。「演劇によるまちづくり」をコンセプトに「まちを遊園地に」「日本の未来をあたたかく」をモットーとして、演劇とまちづくりを密接に関連付けた活動も展開している。2005年より一般客とともに演劇を楽しむ参加型イベント「演劇であそぼ」を定期的に開催。2008年・2009年、銚子電鉄とコラボレートした『銚電スリーナイン』、2014年に『樽見鉄道スリーナイン』で樽見鉄道とコラボレートした。「ローカル鉄道演劇」と呼ばれる、走行中のローカル鉄道の車両を劇場として上演する公演はその後も継続して行っている。箱根海賊船を利用した船上公演『パイレーツ・オブ・ロワイヤル?』(2014年)、銭湯と墨田区のまちあるきを組み合わせた『曳舟湯の怪人』(2010年)『寺島浴場の怪人』(2017年)、商店街回遊型演劇『11月のレインリリー』(2016年)など、劇場にとどまらない演劇公演も行っている。

2011年8月から12月には、作・演出の緑川憲仁が岐阜県関ケ原町において、町行政によるまちおこし事業「関ケ原東西武将隊」の総合演出を務めた。また、2011年より地域密着型アイドルグループ「帰ってきたキューピッドガールズ」を劇団女性メンバー中心に結成し、活動地盤である東京都墨田区京島の「下町人情キラキラ橘商店街」を拠点として商店街の活性化に取り組んでいる。2020年に結成20年を迎え、初の外部作品である田嶋ミラノの『幸せな孤独な薔薇』を上演する予定であったが、新型コロナウイルスの影響により2021年5月に延期となった。

在籍メンバー

  • 緑川憲仁 2000年旗揚げ創設者。主宰/劇作家・演出家 日本演出者会所属。
  • 千田剛士 2000年入団。以降、2020年迄の全作品に出演。 インプロ講師。 都立高校演劇部講師(2016年〜)
  • 奥山静香 2000年入団。2004年〜育児休暇に入るが2010年の『誰ガタメノ剣』、2016年『11月のレインリリー』、2018年『銚電スリーナイン〜Return to the Roots〜』に出演。2020年『幸せな孤独な薔薇』から復帰。 劇団の女性メンバーで結成された「帰ってきたキューピッドガールズ」のリーダー・オクヤマ化粧品店。 『パンダ舎』として舞台衣裳を手掛ける。 都立高校演劇部講師(2016年〜)
  • 伊藤十楽成 2000年入団。2017年敷名めぐみとの婚姻を発表、現在活動休止中。
  • 片山耀将 2002年入団。俳優・振り付け師・ダンサー。以降、2020年迄の全作品に出演。 2018年よりダンスユニット「スペシャルズ」を手掛ける。
  • 市場法子 2004年入団。「帰ってきたキューピッドガールズ」メンバー・アイス市場。2017年秋以降演劇公演は育児休暇中。
  • 敷名めぐみ 2010年入団。「帰ってきたキューピッドガールズ」メンバー・和菓子のもくだ堂。イラストやグッズデザイナーも手がける。 伊藤十楽成との婚姻を発表、2017年現在育児休暇中。
  • 河野結 2013年入団。「帰ってきたキューピッドガールズ」メンバー・河野クリーニング。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。