お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

高橋康也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 康也(たかはし やすなり、1932年2月9日 - 2002年6月24日)は、日本の英文学者。東京大学教養学部名誉教授。

人物

東京生まれ。1953年東京大学文学部英文科卒、58年同大学院博士課程満期退学。中央大学専任講師を経て1962年東京大学教養学部専任講師、助教授、1977年教授。英文科や比較文学の大学院でも教えた。定年後は昭和女子大学大学院教授を勤めた。日本英文学会会長、日本シェイクスピア協会会長、国際シェイクスピア学会副会長を歴任し、1993年、英国よりCBE勲章を受章した。

サミュエル・ベケット、ルイス・キャロル、シェイクスピアなどを研究対象とし、ノンセンスなどの、文学における言葉遊びに光を当てるとともに、キャロルの少女愛好についてもその全体像を紹介した。また日本演劇についての論文もあり、『橋がかり』に纏められている。晩年はシェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』、『間違いの喜劇』をそれぞれ狂言「法螺侍」、「間違いの狂言」に翻案し、英国など海外でも上演された。特に2003年に出版した「間違いの狂言」の「ややこしや、ややこしや」という台詞は、主演した野村萬斎がテレビ番組「にほんごであそぼ」で用いたことから、子供も口にする流行語となった。

家族は妻の迪(みち)、娘の河合美穂子、息子の宣也(慶應義塾大学准教授)。妻、娘、息子それぞれと共訳で出版した書籍もある。東京大学教授の河合祥一郎は女婿。シェイクスピア研究は河合に、ベケット研究は東京大学教授の田尻芳樹に受け継がれた。キリスト教の洗礼を受け洗礼名はアウグスチノ。

著書

単著

  • 『エクスタシーの系譜』あぽろん社 1966 / 筑摩叢書 1986
  • 『サミュエル・ベケット』研究社出版 1971 / 白水Uブックス 2017
  • 『キャロル イン ワンダーランド』新書館 1976
  • 『道化の文学』中公新書 1977
  • 『ノンセンス大全』晶文社 1977
  • 『ウロボロス』晶文社 1980
  • 『橋がかり』岩波書店 2003
  • 『まちがいの狂言』白水社 2003

共著・編著

  • 編『アリス幻想』すばる書房, 1976
  • 樺山紘一との対談『シェイクスピア時代』中公新書, 1979

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。