CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 櫻井孝宏

櫻井孝宏

櫻井孝宏



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

櫻井 孝宏(さくらい たかひろ、1974年6月13日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。インテンション所属。

来歴

愛知県岡崎市出身。米屋を経営する一家の下に、3人兄弟の長男として出生。幼少時代に、テレビで偶然視聴した声優に対するインタビュー番組に衝撃を受け、声優業に関心を持つ。岡崎市立井田小学校卒業。中学時代の国語の授業で担当教師から言われたことに影響されて本格的に声優を志すようになった。

岡崎城西高等学校卒業。代々木アニメーション学院名古屋校、81演技研究所卒業後、1996年、テレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で正式にアニメデビュー。養成所卒業後、関俊彦に憧れていた影響で、81プロデュースに所属する。25歳を迎える1999年に声優を辞めようかと悩んでいたところ、『デジモンアドベンチャー』と『快感フレーズ』の2作でレギュラーとなり、初主演作となる『ゲートキーパーズ』にて、自身初のキャラクターソングを歌唱。

2011年4月22日、ファミ通アワード2010「男性キャラクターボイス賞」を受賞。2012年、第6回声優アワード「海外ファン賞」を受賞。2013年には、レコード会社との1年間にわたる協議の末、『しろくまカフェ』のキャラクターソングの歌唱を担当することを、自身のラジオ番組内で発表した。4月からはデビュー時から在籍していた81プロデュースを退所し、フリーで活動することをラジオ『有限会社チェリーベル』で報告した。2014年7月20日、鈴村健一が設立したインテンション所属となったことを公式サイトにて発表。

2016年10月25日、『虐殺器官』ジョン・ポール役として、クラヴィス・シェパード役の中村悠一と共に、第27回東京国際映画祭でレッドカーペットを踏んだ。2017年1月4日、『ノン子とのび太のアニメスクランブル』にて第26回アニメグランプリ最優秀男性声優賞を2度目の受賞。2018年10月25日、『GODZILLA 星を喰うもの』のメトフィエス役として、ハルオ役の宮野真守と共に、第31回東京国際映画祭に出席。

2022年、第16回声優アワードにて「パーソナリティ賞」を受賞。

人物・エピソード

声種はテノール。

何か問題がある人物、弱い人物、イメージしにくい役を得意にしている。

好きな声優、尊敬する声優として中尾隆聖、チョー、置鮎龍太郎、関智一、高山みなみなどの人物を挙げている。また、若手時代から影響を受けている声優として、三木眞一郎、小野坂昌也、鈴村健一の名前を挙げている。

藤原啓治とはプライベートでも親交があった。

イラストが得意で、イラストレーターを目指していたこともあるという。『Canvas2 〜虹色のスケッチ〜』ではアイキャッチでイラストを披露しているほか、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の最終話では原画スタッフ、『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-第2期』ではロゴタイプデザインとしてもクレジットに名を連ねている。

吹き替えでは『トワイライト〜初恋〜』以降、ロバート・パティンソンを持ち役にしている。

文化放送「P.S. 元気です。孝宏」内で、中学一年生の時、担任で国語の担当でもある先生から音読をしろと言われ「あの坂をのぼれば海が見える」と読んでいたら、先生から「おまえ、声優さんみたいな声してるな」と言われ、今の私があると語っている。しかし、翌日から同級生からからかわれるようになり、自分の声が嫌いになって無口になったとも語っている。

「もしも声優になっていなかったら?」という質問に対して、「実家の米屋を継いでいたと思うが、それも良かったかもしれない」と答えている。

座右の銘は「自分らしくとか、楽しくとか」。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。