お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

T・S・エリオット



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

トマス・スターンズ・エリオット(英: Thomas Stearns Eliot、1888年9月26日 - 1965年1月4日)は、イギリスの詩人、劇作家で文芸批評家である。代表作には、5部からなる長詩『荒地』(The Waste Land、1922年)、詩劇『寺院の殺人』(Murder in the Cathedral、1935年)、詩劇論『詩と劇』(Poetry and Drama、1951年)などがある。1948年度のノーベル文学賞を受賞した。

生涯

誕生はアメリカ合衆国のミズーリ州セントルイス。1898年にスミス学院に入学する。1904年、セントルイス万国博覧会を探訪中、フィリピン会場のイゴロット村に魅せられる。翌年発表された短編「昔は王様だった男」はその探訪成果である。1906年に入学したハーバード大学では、アーヴィング・バビット等に師事し、卒業後、ヨーロッパ各地と米国を往復し、研究活動を行う。その後はソルボンヌ大学やマールブルク大学、オックスフォード大学にも通う。1917年から1925年までロイズ銀行の渉外部門で働いた。1927年にイギリスに帰化し、イングランド国教会に入信する。「文学では古典主義、政治では王党派、宗教はアングロ・カトリック」と自身を語っている。

有名な「四月は残酷きわまる月(April is the cruellest month)」で始まる長編詩『荒地』で第一次世界大戦後の不安を描きだした。また、評論『伝統と個人の才能』(Tradition and the Individual Talent、1919年)によって、保守主義の思想家としても知られている。この中で、エリオットは「詩人とは表現するべき個性を持たず、特定の表現手段を持つ人で、それは個性ではなく手段であり、その中で印象や経験が特殊な予期せぬ状態で結合する」と述べている。

作品

荒地

1921年に初稿を執筆。エズラ・パウンドの助言により、エピグラフ(コンラッド『闇の奥』の引用)の変更や、エピソードの削除等を行った。

フレイザー『金枝篇』の聖杯伝説を骨格として、聖書、ダンテ、シェイクスピアなどの引用をちりばめ、意識の流れの手法も用いて、第一次世界大戦後の荒廃した世界と救済への予兆を描きだした。末尾にはサンスクリット語も使用され、インド思想の影響も指摘されている。

1922年に文芸誌に発表した。433行の難解な詩であり、すぐには理解されなかったが、1930年代になりF・R・リーヴィスらに評価されるようになった。

  • 『荒地』 岩崎宗治訳、岩波文庫、2010年 ほか

四つの四重奏

1935年から1942年発表の "Burnt Norton" "East Coker" "The Dry Salvages" "Little Gidding" を1つにまとめたもの(1943年)。『荒地』のような緊張感は低く、初期作品と比べると宗教的な主題がより鮮明となる。

  • 鍵谷幸信訳 紫星堂 1955年
  • 二宮尊道訳 『エリオット全集1 詩集』中央公論社
  • 池谷敏忠訳 宇宙時代社出版部 1968年

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年9月1日 (土) 〜
2018年9月30日 (日)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年10月3日 (水) 〜
2018年11月30日 (金)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年12月1日 (土) 〜
2019年1月31日 (木)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年2月1日 (金) 〜
2019年3月31日 (日)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年4月1日 (月) 〜
2019年6月30日 (日)
キャッツ・シアター(東京・大井町)