お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

片桐仁



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

片桐 仁(かたぎり じん、1973年11月27日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、彫刻家。

埼玉県南埼玉郡宮代町出身。トゥインクル・コーポレーション所属。埼玉県立春日部高等学校、多摩美術大学卒業。身長176cm。血液型B型。

妻は元モデルでタレントの村山ゆき(現・片桐友紀)。

概要

  • 多摩美術大学(補欠入学)時代に小林賢太郎と共にラーメンズを結成。エレキコミックとのコントユニット・エレ片での活動も行っている。
  • 天然パーマのもじゃもじゃ頭(作品によっては髪を後ろでまとめている)が特徴的で、演技とも素とも取れるエキセントリックな言動を持ち味とする。その存在感を買われて、単独でのCMや舞台・ドラマへの出演の機会も得ている。また、文章や造形にもその個性と才能を発揮し、雑誌やwebでの連載を持つ。文章については敬愛する大槻ケンヂから受けた影響が大きいと語っている。
  • 相方の小林賢太郎に対してはその才能を尊敬している。
  • ラーメンズとしての活動が不定期なこともあり、2000年代からは単独での俳優活動や「エレ片」としての活動が中心となり、さらに声優・ナレーションにも進出。頻度は高くないが単独でバラエティ番組に出演することもある。
  • 2010年6月、出身地である宮代町の「外交官」に就任。任期は1年。名刺には「俳優 片桐仁」と書かれていた。

人物

家族
  • 妻と長男の太朗(たろう・岡本太郎から命名)、次男の春太(はるた)の4人家族。
  • 妻が小学生時代から飼っているオカメインコ(サーちゃん)と、結婚後に飼い始めたヨウム(うろこ)の二匹の愛鳥がおり、鳥をモチーフとした造形作品にも影響を与えている。
  • ピタゴラスイッチの『おとうさんスイッチ』に息子(太朗)と登場。Mr.Childrenの「エソラ」PVにも親子で出演している。アルバムのジャケットにもスーパーで息子をカートに乗せて買い物している客の1人として映っている。
  • 義母(村山ゆきの実母)が洋裁の達人で、粘土道の衣装等を仕立ててもらっている。
  • 実家は公文式の教室だった。このため家に帰ると勉強している子供が沢山いて嫌だったという。
趣味
  • 粘土細工が得意で作品展を開催するほどである。先述したピタゴラスイッチの「おとうさんスイッチ」出演時にも、片桐作成の粘土細工を使用している。
  • ガンダムオタク(モデラー、ガンプラ所有数約300体)であり、模型誌「月刊ホビージャパン」でコラムの執筆も行っている。
  • ガンダムはもとより、ドラゴンボールをはじめとするマンガや、「DQシリーズ」・「FFシリーズ」などのゲームの話題に喰いつく。
  • 縄文時代に関するもの(縄文土器)が好き。
その他
  • 小学校では自転車クラブ、中学時代はソフトテニス部に所属。
  • 円周率を40桁程度暗記しており、ラーメンズ公演『STUDY』、KKP公演『Sweet7』、エレ片でのコント中などで披露した。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:7,000円(税込)
2019年11月22日 (金) 〜
2019年12月11日 (水)
本多劇場