CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > HCC

HCC

HCC



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

肝細胞癌(かんさいぼうがん、英: Hepatocellular carcinoma、略称:HCC)は、肝臓に発生する腫瘍の1つで、肝細胞に由来する悪性腫瘍である。

疫学

原発性肝癌の90%以上を占める。80%-90%が肝硬変あるいはその前段階である慢性肝炎に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。日本や西欧ではC型肝炎が原因として多いが、その他のアジアやアフリカではB型肝炎が多い。

原因

肝細胞癌の多くは慢性肝炎・肝硬変から発生する。

  • C型肝炎:70%-80%で最多
C型肝炎が原因の場合にはほとんどが肝硬変を経て発症する。発癌率は年7%から8%であり、6年から7年で50%が発癌する。
  • B型肝炎:10%-20%
B型肝炎では肝硬変へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、B型肝炎ウイルスはDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。
  • アルコール性肝疾患
発生率は高くないが肝硬変を経て、発症する場合も多い。
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(英語: non alcohlic steato-hepatitis、略称:NASH)
NASHは、飲酒習慣のない脂肪肝患者に発生する慢性肝炎で、肝硬変への進展と、肝細胞癌の発生が多く報告されている。
  • 鉄過剰症:極めて稀
鉄の肝臓への沈着を生じ、肝硬変へ移行していく。
  • マイコトキシン(カビ毒)暴露:極めて稀
様々なカビが産生する毒素を経口摂取。

症状

肝細胞癌の多くは慢性肝炎や肝硬変を持つ患者に生じ、症状や兆候は肝硬変の進行を示唆するものとなるので肝細胞癌そのものでの自覚症状は全くみられない。癌進行によって肝不全症状(肝性脳症、黄疸、出血傾向、腹水、浮腫など)がみられる。他の癌同様、転移、周辺臓器の圧迫による症状もみられ、巨大な腫瘍は破裂し腹腔内出血や腹腔内播種を来すことがある。

また頻度は低いが腫瘍随伴症候群がおこることもある。下痢(血管作動性腸管ペプチド)や高脂血症、低血糖(IGF-2産生腫瘍)、多発性筋炎、RS3PE、後発性ポルフィリン症や異常フィブリノーゲン症、高カルシウム血症、赤血球増加症などがおこることもある。

検査

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーは以下がある。

  • α-フェトプロテイン(英語: α-fetoprotein、略称:AFP)
特にAFPレクチン分画(AFP-L3)は肝細胞癌に特異性が高い。また、比較的小さい肝細胞癌では上昇してこないことも多い。
  • PIVKA-II (protein induced by vitamin-K absence II)
別名DCP (des-gamma-carboxy prothrombin)と言われ,その本体はビタミンK欠乏で産生される異常プロトロンビン(=血液凝固因子のII因子)である.このため,ビタミンK欠乏やワーファリンの内服により誘導される.このため評価には注意が必要である。

画像検査

  • 腹部超音波検査(腹部Echo検査)
超音波検査はX線暴露がなく侵襲が少ないため、比較的簡便としてスクリーニング検査として広くに施行されている。
典型像は、境界明瞭な類円形で、表面に低エコーの被膜を持ち、内部はモザイク状を呈する。多くは血流に富むが、径の大きいものは腫瘍中心が壊死していることもある。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。