お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

東京フィルハーモニー交響楽団



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団(とうきょうフィルハーモニーこうきょうがくだん、英語: Tokyo Philharmonic Orchestra)は、日本のプロオーケストラ。略称は東フィル(とうフィル)。日本オーケストラ連盟正会員。

概要

東京フィルハーモニー交響楽団は、現存する日本最古のオーケストラである。2001年に新星日本交響楽団と合併したことにより、現在でも日本最多の楽員数を擁し、ほぼ常に二つのグループに別れて演奏活動を行っている。二期会などとの結びつきも強く、コンサートと平行して伝統的にオペラやバレエのピットでの活動を得意としてきた。現在も、日本で一番頻繁に新国立劇場などでオペラの伴奏をしているオーケストラでもある。Bunkamuraオーチャードホールを本拠地とし、東京オペラシティコンサートホール・タケミツメモリアル、サントリーホールでも定期演奏会を行なっている。

沿革

  • 1911年(明治44年) - 名古屋のいとう呉服店(現在の松坂屋)に「いとう呉服店少年音楽隊」が誕生。
  • 1925年(大正14年) - 「松坂屋少年音楽隊」に改称。
  • 1927年(昭和2年) - 「松坂屋洋楽研究会」を松坂屋少年音楽隊と併称。
  • 1929年(昭和4年) - 「名古屋交響楽団」を松坂屋少年音楽隊と併称。
  • 1932年(昭和7年) - 「松坂屋管弦楽団」に改称。
  • 1935年(昭和10年) - 「松坂屋シンフォニー」に改称。
  • 1938年(昭和13年) - 拠点を東京に移し、「中央交響楽団」に改称。
  • 1940年(昭和15年) - 日本ビクターへ楽団移譲。
  • 1941年(昭和16年) - 秋シーズンより「東京交響楽団」に改称。
  • 1944年(昭和19年) - この日の第33回定期公演を以て定期演奏会を中止、以後の演奏会は臨時公演になる。
  • 1945年(昭和20年) - 東京大空襲で芝区御成門にあった練習所が焼失。当日はベルリオーズの「ファウストの劫罰」日本初演が予定されていた。
  • 1945年(昭和20年) - 「東京都フィルハーモニー管弦楽団」として復活。
  • 1946年(昭和21年) - 「東京フィルハーモニー管弦楽団」に改称。
 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円
(全席指定・税込)
2019年11月9日 (土) 〜
2019年11月17日 (日)
新国立劇場
オペラパレス

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円
(全席指定・税込)
2019年11月28日 (木) 〜
2019年12月7日 (土)
新国立劇場
オペラパレス

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!S席4,000円 → 2,950円さらに100Pゲット!
2019年11月30日 (土)
江戸川区総合文化センター
大ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,200円
A席:11,000円
B席:7,700円
C席:4,400円
(全席指定・税込)

◆ジュニア(4歳以上中学生以下※入場時年齢確認あり)
S席:10,560円
A席:8,800円
B席:6,160円
C席:3,520円
(全席指定・税込)

※日時によって出演者が異なります。ご購入の際はご注意下さい。
2019年12月14日 (土) 〜
2019年12月22日 (日)
新国立劇場
オペラパレス

取扱中の公演
先行割引
な!

<カンフェティ取扱チケット>
先着限定!S席:27,500円→ カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
先着限定!A席:22,000円→ カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)
2020年4月7日 (火) 〜
2020年4月12日 (日)
新国立劇場
オペラパレス