お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

ホチキス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ステープラー(英語: Stapler)またはホチキスホッチキス紙綴器(かみつづき)とは、紙に「コ」の字形の針(ステープル、英語: Staple)を刺し通し、針先の部分を両側から平らに曲げて、紙を綴じる文具である。JIS規格上の名称はステープラ。ごく限られているが、ジョイント(宮城県北部、山形県山形市など)、ガッチャンコ(北東北など)と呼ぶ地域もある。古くから(かすがい)と称され、木材や陶器のつなぎ合わせに使われている。

現在、日本ではマックス株式会社の製品が市場の多数を占めている。

歴史

現在ステープラーと呼ばれている文具の原型が生まれたのは、18世紀頃のフランスと言われている。19世紀に入ると紙の使用量が増え始めたこともあり、ステープラーの開発も盛んに行われ、 複数の特許が申請された。1877年、ヘンリー・R・ヘイル(Henry R. Heyl)によって1度の作業で針刺しと折曲げを行えるステープラーが初めて開発され、特許の申請が行われた。翌年には内部に予備の針を詰め、連続で紙綴じが行えるモデルが開発された。その後、ジョージ・マギル(George McGill)が設計したステープラーが最初に商業的な成功を収めた。

今日ではコの字型の金属針を使うが、当初アメリカのステープラーは、魚の骨の形をした金属板を打ち抜く構造をしていた。現在はコの字の針金をそろえてノリで接着する技術が一般化して広く普及するようになった。1920年代から1960年代年代には米国ベイツのステープラーのように、真鍮線をレフィルに巻いて、使うたびにそれを切断して紙にとめるタイプ(A,B,C)のようなものも開発され、日本にも輸入されたことがある。

名称

日本では商標の普通名称化により「ホッチキス」または「ホチキス」と呼ばれる事が多い。また日本放送協会(NHK)では、かつては「ステープラー」と呼んでいたが、方針転換し「ホチキス」で統一している。

日本での「ホッチキス」という呼び名は、1903年(明治36年)に伊藤喜商店(現、株式会社イトーキ)がアメリカ合衆国より初めて輸入したステープラーが、E.H.ホッチキス社(E.H.Hotchkiss)のHotchkiss No.1というモデルであったことに由来する。E.H.ホッチキス社は1895年にジョーンズ製造社(The Jones Manufacturing Company)として創業され、1897年にE.H.ホッチキス社に改称した。ホッチキスの名はジョーンズ社の創業者うちジョージ(George Hotchkiss)とイーライ・ハベル(Eli Hubbell Hotchkiss)のホッチキス親子から取られたものである。

ホッチキスという呼び名の由来について、「オチキス社の創業者であるベンジャミン・バークリー・ホッチキス(B.B.Hotchkiss)が、機関銃の構造を元に発明した」、「イーライ・ハベルはベンジャミンの弟で、彼が発明した」などの俗説が語られることがある。

この俗説がテレビ番組で取り上げられたこともある。1989年(平成元年)には日本テレビの番組『TVムック・謎学の旅』はホッチキスの語源を探るべくベンジャミン・ホッチキスの故郷コネチカット州を取材したが、文献などによる証明は行えなかった。1994年(平成6年)、フジテレビの番組『なるほど!ザ・ワールド』の中で、「ベンジャミン・ホッチキスの弟のイーライ・ハベル・ホッチキスがステープラーを発明し、E.H.ホッチキス社を創業した」という説が紹介された。

この俗説の検証を行ったジム・ブリーンは、ベンジャミンとステープラーに直接の繋がりは見いだせないものの、ステープラーの販売を行ったホッチキス親子とベンジャミン・ホッチキスは共にコネチカット州出身であり、不確かながら親族からの証言もあったとして、何らかの血縁関係があった可能性までは否定しきれないとしている。

韓国においても、日本統治時代の影響からステープラーを「ホチキス(????)」と呼称する場合がある。なお、韓国では「ホッチキスはベンジャミン・ホッチキスによって機関銃の構造を元に設計された」という説が長らく語られていたが、2013年に国立国語院が調査したところ、ホッチキスをベンジャミン・ホッチキスが作ったという証拠がないことが明らかとなった。国立国語院が出版する『標準国語大辞典』では、従来ホッチキスを「ステープラー(?????)の別名。ステープラーの考案者の米国の発明家の名にちなんだ商標名」と定義していたが、この結果を受けて「?字形の針を使って、書類などを綴じる道具。米国の商標名から出た言葉である」と改められた。

針の呼び方

JIS規格上の名称は「ステープラ用つづり針」である。

一般的にはしんはりたまなどと呼ばれるが、特に決まった呼び方はなく、マックス株式会社では一貫して「はり」と呼んでいる。また、ステープルという呼び方もある。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。