お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

玉井詩織



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

玉井 詩織(たまい しおり、1995年6月4日 - )は、ももいろクローバーZのメンバー、女優である。グループでのイメージカラーは黄色で、ボーカル・ピアノ・ギター担当。

『スカパー!音楽祭』や『GIRLS' FACTORY』など数々のイベントで司会を担当した経験がある。

神奈川県出身(鹿児島県種子島生まれ)。スターダストプロモーション所属。

人物像

機転が利き、様々な仕事を器用に遂行する役回り。所属するももいろクローバーZにおいては「スーパーサブ」とも称される。描いた絵がNHKハート展に展示されたり、運転免許をマニュアルで取得したりもしている。

グループのマネージメントを行ってきた川上アキラからは「潜在能力があり、天才肌」と評されており、様々なイベントで司会を任されるなどしている。

あまり自分を表に出さず、周囲を立てようとする傾向がある。同じグループのメンバーである高城れには玉井について、「何かの物事や他人に対しては器用だが、自身のことになると不器用になってしまう」と述べている。

100ページに渡る人物特集を掲載した『Quick Japan(Vol. 114)』において編集長は、「とにかく、ひとことでは表現できない。“未完の大器”かと言われたら、けっして未完ではないし、“自由奔放”かと言ったら、自由だけど、奔放ではないし……」と評した。

同書において、精神科医の斎藤環(筑波大学教授)による鑑定が行われ、エゴグラムにおいてFC(自由な子供)の要素が最も高く、NP(保護的な親の心)やCP(厳格な親の心)も同様に高いという珍しい結果となった。「野生児のように自由でありながら、他人に優しく思いやりがあり、頼りにされるところもある」「人情と遊び心の二つが人生の基軸になっている」と解釈された。

ライブでは「いいかお前らー!」の口上から始まる煽りを特徴とする。キャッチフレーズは「ももクロの若大将」で、同じく若大将のニックネームを持つ加山雄三からお墨付きをもらい話題となった。

食いしん坊であり、2011年には番組の企画でわんこそば93杯を平らげ、『第54回わんこそば全日本大会』にも出場した(ただし、直前に控室でご当地ハンバーガーを食べてしまい、結果は62杯に終わった)。また、ファミリーマートと『しおりんのまんぷく弁当』を共同開発したり、老舗洋食レストランの五島軒のカレーセットをプロデュースしたりした。本人いわく、早食いや大食いというより、純粋に食べるのが好きとのことである。

経歴・エピソード

名前の由来はサザンオールスターズの「栞のテーマ」であり、字画を考えて「詩織」となった。兄が1人いる。幼少期には10年間英会話を習っており、その後もリスニング能力は維持している。一番好きで身についた習いごとは1、2年やっていた器械体操であり、後のキャリアにも活かされることとなる。

2005年(小学4年生の時)、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。2008年3月、ももいろクローバー(後のももいろクローバーZ)の名称決定時にメンバーとなる。加入直後は、pieceesという同事務所のダンスユニットにも所属していた。

当時のキャッチフレーズは「泣き虫で甘えん坊な、みんなの妹」であったが、2015年、二十歳を機に「ももクロの若大将」というキャッチフレーズへの変更が行われた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。