お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

川平慈英



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

川平 慈英(かびら じえい、Jay Kabira、1962年9月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のタレント、スポーツキャスター、ナレーター、俳優である。また、熱狂的なサッカー好きとしても知られ、主にテレビ朝日のサッカー中継等でスポーツキャスターを務めている。ケイファクトリー所属。名前はJ(ジェイ)・カビラと表記される場合もある。上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)卒業。

母親はアメリカ人。父親の川平朝清は元アナウンサー。朝清、伯父の川平朝申は伊江御殿支流向氏伊江殿内の家系であり末裔に当たる。

タレントでJ-WAVEのナビゲーターとして知られるジョン・カビラ(本名・川平慈温)と実業家の川平謙慈は、実兄(慈温が長兄で謙慈が次兄)である。

バプテスト教会を信仰するクリスチャンである。

来歴・人物

1972年5月15日の沖縄本土復帰に伴う父親の転勤で家族と共に東京に転居した。玉川学園高等部時代、読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)のユースチームに在籍した。中高生時代はサッカー部、クリエイティブムーブメント部、そして英語劇部に入部していた。英語劇部では『ジーザスクライストスーパースター』や『WEST SIDE STORY』(Baby John役)等のミュージカルに出演した。高校卒業後、一旦玉川大学文学部教育学科に入学するが、すぐに中退してテキサス州立大学にサッカー留学した後に帰国し(サッカー部の監督と方針を巡って意見が対立したため)、上智大学比較文化学部に入学・卒業。大学在学中にミュージカル俳優としてデビュー。

その後、1991年にWOWOWの「WOWOWスーパーサッカー」・イタリアセリエA実況中継のメインキャスターとして出演。これがサッカーキャスターとしてのデビュー作となり、2年後の1993年に開幕されるJリーグに合わせ、テレビ朝日『ニュースステーション』が募集したサッカーキャスターのオーディションに応募し、日米での選手経験などが評価されて合格した。サッカーへの熱情にあふれた川平の語り口はそれまでのプロ野球の結果を伝えるアナウンサーの冷静な対応とは全く異質であったが、テレビでの彼の活動基盤を作った。

また、『ニュースステーション』に出演する中で横浜フリューゲルスのサポーターとなっていき、番組内でも応援をした。そして1998年10月29日に発表された同チームの横浜マリノスへの統合も同番組で伝えたが、同時にこの決定を強く批判し、チーム存続への団結を呼びかけた。結局、フリューゲルスの統合は食い止められなかったが、川平はチーム存続運動から1999年に誕生した横浜FCを応援した。また、テレビ東京『三菱ダイヤモンド・サッカー』のキャスターとして自らのサッカー経験を生かしたユニークな解説で人気を集め、サッカーキャスターとしての活動をさらに広げた。『ニュースステーション』の終了後、川平はテレビ朝日がサッカー中継で特別番組を制作する際のキャスターとして随時起用された。

テレビの他、舞台や映画、ラジオでも活躍。シリアスな演技もこなすが、ミュージカル俳優としての特徴を生かせる役も多い。特に舞台では三谷幸喜作品にも多く出演。

テレビ東京『ASAYAN』ナレーションでの決まり文句「いいんです!」(これは兄のジョン・カビラが都並敏史とのやり取りの中で使っていたのを川平が拝借したものである)で有名に。なお、都並は読売時代のチームメイトである。

サッカー中継の際のハイテンションな語り口調(「ムムッ!」「ハーフナー・マイクーぅ!!」など)は、漫才コンビの博多華丸・大吉の博多華丸に真似されていることで知られる。物真似は本人公認となっている。ちなみに、川平の口癖である「ムムッ!」は、元々は華丸が物真似をする際に言っていたものである。

その他

  • 母の影響で幼少から教会に通う。
  • 若い頃は一人でも朝まで踊りまくるディスコ狂だった。
  • 1993年、国立競技場で行われたJリーグ開幕式の君が代は当初川平が歌うはずだったが、上記の番組を見ていた川淵三郎が名前を失念し、前田亘輝が歌った。なお、川平は当時駆け出しで全くの無名だった。
  • 舞台稽古中にサッカーボールを持ち込んでリフティングなどをし、準備体操代わりにしている。怒られてボールを没収されたことも。

出演

テレビドラマ

  • 直木賞作家サスペンス ブルースはお好き(1989年、関西テレビ) - ハーモニカ青年 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。