CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > アーサー・ミラー

アーサー・ミラー

アーサー・ミラー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

アーサー・アッシャー・ミラーArthur Asher Miller, 1915年10月17日 - 2005年2月10日)は、アメリカ合衆国の劇作家。代表作は『セールスマンの死』など。

概略

1915年にニューヨークでオーストリアのユダヤ系の家庭に生まれる。高校卒業後、ミシガン大学に入学するが、成績の低さが原因で奨学金が受けられず、更に大恐慌によって父親からの支援がなくなり、2年ほど自動車生産工場で働く。入学後、演劇を学び、在学中からラジオドラマの脚本を皮切りに劇作を始めた。1944年『幸運な男』でブロードウェーに進出を果たす。1947年『みんな我が子』がヒットし注目を集める。1949年『セールスマンの死』でエリア・カザンが演出し、トニー賞、ピュリッツァー賞を受賞。劇作家としての地位を確立し、テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ現代演劇の旗手に躍り出た。2001年に高松宮殿下記念世界文化賞受賞。2005年、死去。

演劇作品

『セールスマンの死』は、平凡なセールスマンに米国の夢を仮託し、子供への過大な期待を抱いて自滅する姿を、現代の悲劇の象徴として描いた。また、1953年の『るつぼ』では、17世紀末の魔女狩りを素材にマッカーシズムへの警鐘を鳴らした。その他、代表作に1955年の『橋からのながめ』、1968年の『代価』などがある。

ミラーは、社会と個人の接点からドラマを構築し、社会の矛盾を風刺し、近代化による人間疎外を批判した。映画化された作品も多い。日本でも、作品は数多く繰り返し上演され、大きな共感を呼び起こした。1983年には自らの演出で『セールスマンの死』を北京で上演。『るつぼ』は、2001年の9・11同時多発テロ以降のアメリカ国内の動きを批判して再演され話題を呼ぶ。2004年にシカゴで上演した『フィニッシング・ザ・ピクチャー』が最後の作品となった。

その他

演劇の他、様々な分野に進出し、映画の脚本や小説、評論も手掛け、1965年から1969年まで国際ペンクラブの会長を務めた。私生活では1956年、女優のマリリン・モンローと結婚し話題になったが、1961年に離婚した。1962年にはマグナム・フォトで活躍していた写真家インゲ・モラスと再婚した。2人の間の娘レベッカ・ミラーは女優・脚本家・映画監督となり、ダニエル・デイ=ルイスと結婚している。

2005年2月10日、癌による心不全のため、コネチカット州の自宅で死去。89歳。

作品一覧

戯曲

  • 悪役のできそこない (1936年)
  • 彼らはあまりにも(1937年) 『悪役のできそこない』の改演
  • 夜明け特別(1938年) 『彼らはあまりにも』の改演

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。