お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ネイサン・チェン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ネイサン・チェン(英語: Nathan Chen、中国語: 陳巍、1999年5月5日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2018年-2019年世界選手権二連覇。2017年-2018年グランプリファイナル二連覇。2017年四大陸フィギュアスケート選手権優勝。2017年-2019年全米選手権三連覇。2015年ジュニアグランプリファイナル優勝。FSにおいて、ISU公式大会及びオリンピックで史上初となる6本の4回転ジャンプに成功した。

経歴

幼少期〜2012シーズン

1988年、父が中国から留学生として渡米して科学の博士号を取得。母は医療系の通訳で中国北京出身。姉と兄が2人ずついる5人兄弟の末っ子である。

3歳でスケートを始め、バレエや体操、ピアノといった習い事も行っていた。

特に10代半ばまで続けていた体操の経験から来る空間認識能力、体幹、力の使い方は、軸のぶれない回転を生み出し、ジャンプやスピンに大いに役立っているという。

2010年と2011年には全米選手権ノービスクラスで連覇。

2011年12月にはラファエル・アルトゥニアンをメインコーチに変更。2012年の全米選手権はジュニアクラスで優勝。当時の年齢が12歳でISUの大会には出場できないため、世界ジュニア選手権の代表には選ばれなかったが、ガルデナスプリング杯のノービスクラスで国際大会デビューし優勝を果たした。

2012-2013シーズン

ジュニアグランプリシリーズに参戦。オーストリア大会ではSPでもFSでも1位で、2位に30点以上の差をつけ優勝。クロアチア杯ではSPの後に脚の怪我のために棄権した。

2013-2014シーズン


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。