お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

ゴリけん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ゴリけん(1973年10月24日 - )は、日本のピン芸人。本名、町田 健一郎(まちだ けんいちろう)。

ワタナベエンターテインメント九州事業本部所属。

経歴

九州学院高等学校、福岡大学体育学部(現スポーツ科学部)を卒業。

1998年4月にデビューしワタナベエンターテインメントのタレントとなる。デビューから1999年までは「ゴリえもん」というコンビで活動しており、心斎橋筋2丁目劇場で行われていた「WaChaChaブレイク」などのライブに出演していた。

2006年にワタナベエンターテインメント九州支部の立ち上げに伴い、ワタナベエンターテインメント九州事業本部に所属。パラシュート部隊とともに活動の拠点を福岡県に移した。当初はマネージャーも付かず、仕事を自分たちで取りに行くしかなかった。しばらくは井上陽水や海援隊を輩出したライブ喫茶照和でネタを披露していたが、ミュージシャン以外が照和でライブをするのは初めてのことであった。また、改編期などを中心にテレビ局に顔を出し、あった人と飲みに行くということを繰り返しながら福岡のテレビ局員との人脈を形成していった。このスタンスをゴリけんはダスキン作戦と呼んでおり、曰く「局内をダスキンの営業の人が『ダスキンでーす!』と連呼しながら、営業や清掃用具交換のために回っているのにならって、チャンスを探っている」という。

2009年9月、行動を共にしてきたパラシュート部隊との冠番組「ゴリパラ見聞録」(テレビ西日本)が誕生。旅の途中での出演者同士の愚痴や貶し合い、番組内で「一献」と呼ばれる出演者の飲み会でさらけ出される人間的な弱みをありのままに放送するスタイルで徐々に人気を集めると、フジテレビ系列や関東ローカルなどで次々と放送が拡大され、全国的な知名度を得るようになり、ゴリけんの代表番組となる。こうした経緯や演出の特徴などから『九州の水曜どうでしょう』という異名を持ち、後に番組のファンである本広克行の計らいにより、2016年のさぬき映画祭を皮切りに水曜どうでしょうディレクター陣(嬉野雅道・藤村忠寿)とのコラボ企画が何度か実現するまでに至っている。

2010年1月、番組ロケの為のウォーミングアップで受け身の練習をしていた時に全治6週間の怪我を負う。

2011年3月24日、第一子となる女児が誕生。

2014年末、ザブングル加藤に一本背負いを仕掛けた際、ギックリ腰を患う。

2016年11月14日、第二子となる男児が誕生。立ち合いの様子がゴリパラ見聞録で放送される。11月26日、自身がボーカルとして、入江真潮、八島広樹、かごしま太郎と結成したゴリけんbandのファーストライブを警固のライブハウスSPACE TERRAで行う。

2018年3月18日、福岡市の電気ビル共創館・みらいホールにて21周年記念ライブ「さくら」を開催。21周年という時期で記念ライブをした理由は「20周年を忘れていたから」。同年の博多祇園山笠では、ゴリパラ見聞録の飾り山笠が製作された。お笑い芸人が飾り山の標題となるのは博多華丸・大吉以来、2例目の快挙である。

2020年4月6日、自身が新型コロナウイルス感染症に感染していたことを所属事務所を通じて明らかにした。診断の2日後に医療機関に入院し、21日に退院。5月1日、所属するワタナベエンターテインメントの公式YouTubeチャンネルに『【ゴリけん】新型コロナウィルス感染体験談〜退院後パラシュート部隊との再会〜』という動画が投稿された。番組で共演していたことからゴリけんの感染発覚時に濃厚接触者とされたパラシュート部隊の2人との対談動画で、入院体験を中心にそれぞれの思いを約35分間にわたって告白している。

人物

  • ゴリけんという芸名は1998年に大友康平が命名した。中2の頃に大友康平のラジオ番組『SCHOOL'S OUT』を聞いて以来のファン。クリスマスでA型肝炎により入院をしていた時に、大友がリスナーに挨拶をしていた中で「入院中一人で聞いているみなさん!」という言葉があり、自分に言ってくれているという嬉しさから親近感をもち、好きになったという。ゴリパラ見聞録では旅先に立派な橋があると『BRIDGE 〜あの橋をわたるとき〜』を熱唱するのが恒例。ゴリパラ見聞録のイベントの際も、オープニングでこの楽曲をゴリけんが熱唱するのがお決まりとなっている。
  • 武田鉄矢の大ファンでもあり、著書全てを愛読し、トークショーなどにも足繁く通うほどである。しかし気軽に話しかけるのには遠慮があり、ゴリパラ見聞録のロケ中に武田と遭遇した際も、軽く挨拶して終わったことが2回ほどあった。後に一緒に飲む機会があったが、あまりに武田の思想・信念などを熟知し過ぎていたために武田愛が強すぎ、最終的に「ゴリ、ちょっと知りすぎてるな…」と引かれてしまったという。
  • 父(剣道6段)の影響で13年間剣道を習っていた。ゴリけん自身も有段者で、九州六大学MVPの実績を持つ。実家には剣道場がある。剣道2段の時は、第5回芸能界特技王決定戦 TEPPENに参戦。1回戦は敦士(2段)に勝利。2回戦で原口あきまさ(2段)に敗れた。『六三四の剣』などの剣道漫画にも精通している。
 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:3,000円(税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)

【ご注意】
※公演により出演者が異なります。公演内容欄を必ずご確認の上、ご購入いただきますようお願いいたします。
2021年12月17日 (金) 〜
2021年12月23日 (木)
甘棠館Show劇場