お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

豊島区



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

豊島区(としまく)は、東京都の特別区の一つで、23区の西北部に位置する。人口約30万人。

概要

東京23区の西北部に位置する。池袋駅を中心とする副都心を擁し、サンシャインシティや豊島区役所などの超高層ビル群が建ち並ぶ。区の中心は地理や行政・民間ともに池袋地区で、2020年春には旧豊島区役所跡地周辺に超高層ビルが建設され、8つの劇場を含む国際的な「文化にぎわい拠点」が開業予定となっている。また、池袋駅西口では三菱地所による池袋駅西口地区再開発事業が計画されており、超高層ビル3棟が駅前に建設される予定となっている。

また、立教大学、学習院大学、川村学園女子大学、東京音楽大学といった教育機関、高級住宅街である目白、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や慈眼寺、染井霊園などが存在する。昭和40年度(1965年)の国勢調査の結果、日本一の人口密度の地方自治体になった(前回調査までの1位は東京都台東区)[1]。2005年の国勢調査では、東京都中野区に次いで国内第二位となったが、2010年の調査で再び人口密度日本一となった。

人口

昼夜間人口

2005年の夜間人口(居住者)は233,141人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は378,475人で、昼間人口は夜間人口の1.623倍になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行134,135ページ。国勢調査では年齢不詳者が東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳者を含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳者は数値に入っていないので数値間に誤差がある)。

将来像

2014年5月8日、日本創成会議の人口減少問題検討分科会で発表された「2040年における消滅可能性都市」で、東京都区部で豊島区が唯一ランクインした際に、「豊島区が消滅する」などの見出しが用いられて報道がなされた。この集計は、20歳から39歳までの豊島区に居住する女性人口に着眼し、女性居住人口が2040年に半分以下になる市区町村を、国立社会保障・人口問題研究所による人口流出の統計を、日本創成会議が独自に集計して公表したものである。

2018年には40年ぶりに人口29万人を突破したが、2025年以降は減少していくと予想されている。豊島区の出生率はかなり低く、人口増加はすべて地方からの転入によるものである。元から豊島区に住み続けている人の数は長らく自然減の状態にあり、今後地方からの流入が低調になりつにつれ、人口は減少していくものと予想される。

歴史

区の沿革

  • 1871年11月 - 長崎村が浦和県(現埼玉県)より東京府に編入。
  • 1889年5月1日 - 町村制施行により、北豊島郡巣鴨町、巣鴨村、高田村、長崎村が発足。
  • 1918年7月20日 - 巣鴨村が町制施行し、西巣鴨町となる。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(指定席):6,000円
A席(整理番号付き自由席):4,000円
(税込)
2019年9月4日 (水) 〜
2019年9月8日 (日)
あうるすぽっと

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!S席6,000円 → 5,000円 さらに300Pゲット!
2019年9月4日 (水) 〜
2019年9月8日 (日)
あうるすぽっと