お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

飛鳥



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

飛鳥(あすか)は、かつて大和国高市郡にあった地域である。現在の奈良県高市郡明日香村大字飛鳥周辺を指した。

上記の他に、河内国安宿郡に現在の大阪府羽曳野市及び太子町あたりを指した飛鳥という地名があり、両者を区別するために、河内国(大阪府)の飛鳥は「近つ飛鳥」「河内飛鳥」とよばれ、大和国(奈良県)の飛鳥は「遠つ飛鳥」「大和飛鳥」と呼ばれる。この場合の「近つ」「遠つ」はかつて都があった難波宮(大阪市中央区)からみて近いかと遠いかによるとする説もある(なお、遠つ飛鳥と近つ飛鳥を逆に解する説もある)。

現在では、単に「飛鳥」といった場合には、大阪府の飛鳥(河内飛鳥)ではなく奈良県の飛鳥(大和飛鳥)を指すのが一般的である。したがって、ここでは奈良県の飛鳥について記述している(大阪の飛鳥は「河内飛鳥」を参照)。

概要

古い時代においてのみ公的名称であったのではなく、近年においても1956年の合併によって明日香村がうまれるまではこの地域に飛鳥村があり地方自治体の名称として飛鳥は存在した。また、現在においても明日香村の大字(おおあざ)として飛鳥という地名は存在している。

また、『万葉集』において登場する奈良県の地名は総数約900にのぼるが、そのうち1/4は飛鳥に集中している。だれしもが大和の『万葉集』所縁の地を訪ねようとすれば、おのずと飛鳥を訪れるといっても過言ではない。

名称の由来

読み

「あすか」という読みの語源については外来語由来説、地形名称由来説などがあるがはっきりとしたことはわかっていない。

外来語説
  • サンスクリット語:アソカ(ムユウジュ、阿輸迦の木)、アショーカなどのサンスクリット語とする説"。
  • 古代朝鮮語:古代朝鮮語(扶余語)の“スカ”(「村」の意)に接頭語アが付いたとする説。
  • 海外地名:安宿(アンシュク)の渡来人による転訛とする説。
地形由来説
  • ア+洲処: 川の中洲や砂州を意味する“ス”のある“カ”(場所、処)に接頭語アが付いたとする説。
  • 浅す河、浅す処:河川が浅い、水が涸れた所という意味から、“アス”(浅す)“カ”(河または処)とする説。
  • 荒処:土地の様子を“アサ”(荒)の“カ”(処)と呼んだとする説。
  • あす処(崩れた所の意):古語で崩落地形を“アス”を呼んだため、当地の地形形状から“アス”(崩落)“カ”(処)と呼んだとする説。
その他
  • スズメの一種で渡来する冬鳥であるイスカ(交喙、?)に由来するという説。
  • 渡来人たちがアスカの地で、大陸から飛来した冬鳥が故郷を想起させたとする説。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。