お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

峰さを理



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

峰 さを理(みね さをり、本名安田 峰子(やすだ みねこ)、1952年7月15日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

福井県敦賀市、福井県立敦賀高等学校出身。身長169cm。血液型B型。愛称は「ミネちゃん」。

略歴

  • 敦賀市のかまぼこ店の娘として生まれる。
  • 1970年、宝塚音楽学校に入学。
  • 1972年、58期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『かぐら/ザ・フラワー』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は48人中2位。同期生に元専科の邦なつき、元花組組長の星原美沙緒、女優の寿ひずる、高汐巴がいる。
  • 同年8月、関西テレビの番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の8期生に選ばれる。同じく選ばれた寿、高汐とともに、翌年3月までほぼ毎週テレビ出演することとなる。
  • 1973年4月2日、星組に配属。寿、高汐と同期生トリオとして使われ、注目を浴びる。
  • 同年9月、『この恋は雲の涯まで』新人公演で主役、源義経を演じる。研2(入団2年目)での新人公演主演は(当時の)新記録だった。その後も新人公演の主役を、多数務める。
  • 1983年、瀬戸内美八の後任として、東京公演『アルジェの男/ザ・ストーム』にて星組トップスターに就任。姿晴香が1作のみ相手役を務めた。
  • 1984年、南風まいが相手役に。この年後半には湖条れいかも相手役に就任し、異例のダブル娘役トップ体制になる。
  • 1987年11月29日、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は星組・東京公演『別離の肖像』。
  • 退団後は演劇を中心に女優業として活動するほか、日本舞踊家「西崎峰」として舞台活動を行う一方、古巣の宝塚歌劇団で日本ものの振付も手がけている。
  • 2014年、古巣・宝塚歌劇団創立100周年を記念して創立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たす。
  • 所属

    • 日本舞踊 西?流家元委員会 委員
    • 社団法人日本舞踊協会 会員

    宝塚歌劇団時代の主な舞台

    初舞台

    • 『かぐら』(演出:渡辺武雄)/ 『ザ・フラワー』(演出:鴨川清作)(1972年)

    新人公演主演


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。