お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

清塚信也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清塚 信也(きよづか しんや、1982年11月13日 - )は、日本のピアニスト、俳優である。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサルミュージック。

経歴

  • 1982年、生誕。日本人の父、韓国人の母をもつ。
  • 1998年、東京交響楽団との共演でデビュー。
  • 2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位となる。
  • 2001年、桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学。
  • 2004年、日本イタリア協会第1回イタリアピアノコンコルソボローニャ部門でボローニャ賞の次の金賞受賞者の一人となる。
  • 2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。
  • 2006年、ザイラー国際ピアノコンクールで3位。
  • 2007年公開の映画『神童』で、ワオ(演:松山ケンイチ)のピアノ演奏シーンの吹き替え担当。
  • 同年、さいたまスーパーアリーナにて、『BYJクラシックス』金聖響指揮/東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
  • 2007年12月にワーナーミュージック・ジャパンから3枚目のアルバムで自身初のクラシックアルバム「熱情」を発売。
  • 2010年のNHK大河ドラマ龍馬伝では、第2部から龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏。
  • 2012年に女優の乙黒えりと結婚
  • 2012年6月4日に第1子妊娠を発表[4]、同年11月24日に女児を出産。2014年11月8日に第2子妊娠を発表[5]、2015年4月16日に女児を出産。

    • 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役で俳優デビュー。
    • 2019年8月16日に日本人男性クラシックピアニスト初の日本武道館公演を開催。

    人物

    両親が音楽好きで特にクラシック音楽は家の中でよく流れていた。特に母は小さい頃にピアノやヴァイオリンをやってみたかったが祖母がそれには否定的で、それもあって自分の子供には学ばせようと姉にヴァイオリン、清塚にピアノを習わせた。清塚は5歳でピアノを始め、2歳上の姉が桐朋学園の「子供のための音楽教室」へ通うことになり、まだ小さかった清塚は留守番ができないためレッスンはしないが連れられて行き、姉を見ていた。そうしていくうちに音楽感覚が養われ、レッスンや練習は嫌いながら7歳で自分も通うことになる。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。