お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

未来



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

未来(みらい、仏: futur、独: Zukunft、英: future)とは、

  1. これから来る時。「将来」。
  2. 仏教用語。三世のひとつ。未来世。死後の世。来世。後世。
  3. 文法用語。西欧語などの文法における、時制のひとつ。過去、現在、未来という3時制のひとつで、これから実現することを表現するための語法。

「瑞祥語」としても使用される。また、副詞として用いられることもある。

概要

未来(みらい)は、時間の中で現在の後に来るものである。時間や物理法則が存在する限り未来の到来は避けられないものとされる。実在の明らかな性質および未来の不可避性により、現在存在し将来も存在することになるものは永続的なものと一時的な物の二つに分類される。永遠という概念と未来とは哲学・宗教・科学の主要な主題であり続けてきたし、これらを議論の余地なく定義づけることは精神的に最も偉大な人々にもできないでいる。時間を直線的なものとみなす西洋文明においては未来とは一方向に伸びていく時間のうち起こることが予期される部分である。特殊相対性理論においては未来は絶対的未来、つまり未来光円錐だとされる。

時間の哲学において現在主義という立場が存在するがこれは現在だけが存在し過去や未来は存在しないとするものである。宗教ではカルマ、来世、終末論といった問題を扱う際に未来に関する考察がなされる。予言者や占い師といった宗教家は未来を見通せると主張する。未来を予知予測するための体系的な研究は先人たちの天体観測から起こってきた。

未来学とは未来に起こりそうなことを想定する学問・技術・実践である。現代の未来学者は画一的な未来よりも代替的・多元的な未来を強調し、ありうる好ましい未来の創造に対して予想や可能性の限界を強調する。

未来はいくつかの芸術運動や文化範疇を通じて探求されてきた。20世紀初頭の未来派は絵画・彫刻・詩歌・演劇・音楽・建築さらには美食といったあらゆる芸術形式を探求した。未来派は過去の思潮、特に政治・芸術における伝統を毛嫌いした。代わりにスピード・技術・暴力といったものへの愛を支持した。未来派音楽には機械への敬意、機械の導入、機械の模倣があった。未来派は他の芸術領域を取り込んでいったが、最終的には工業デザイン、織物、建築を取り込むに至った。

文法

文法における「未来」とは、時制のひとつである。これから実現することとして記述する場合に用いる語法である。西欧語では一般に動詞の語形変化によって時制が示される。英文法などでは「未来形」とも。

予測

予測とはコントロールされていない状況からの帰結を推測する方法である。予測は天気予報・地震予知・交通計画・労働市場設計といった多くの分野で用いられる。未知の要素が存在するために予測にはリスクや不確実性がつきものである。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売り:5,000円
前売り:4,500円(12/29のみ)
(全席指定・税込)
2018年12月15日 (土) 〜
2018年12月29日 (土)
浅草九劇

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
22名限定!一般5,000円(全席指定・税込)→ 4,100円 さらに100Pゲット!
2018年12月15日 (土) 〜
2018年12月29日 (土)
浅草九劇