お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

安部恭弘



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安部 恭弘(あべ やすひろ、1956年1月13日 - )は、日本の歌手、作曲家、音楽プロデューサー。

経歴

東京都文京区出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業。

建築設計士の家庭に生まれる。自身もかなり真剣に建築設計士の道を目指しており、大学も建築設計科を選択していた。また、大学時代には家庭教師をしており、その教え子の一人が野々村真だった。

一方、高校時代に音楽に目覚め、大学時代より本格的にアマチュア音楽活動を始める。大瀧詠一は大学の先輩である。

早稲田大内の軽音楽サークルには傾向の合うものがなかったため参加せず、銀座のライブスポットで演奏をしていた他大学のサークルやアマチュアバンドに接触。その中で慶應義塾大学のサークルで活動していた杉真理、竹内まりやらと出会う。

音楽のジャンルではボサノヴァが好きで、初期にはボサノヴァのリズムをベースにした曲ばかり作曲していたため、「ボサアベ」というあだ名をつけられた。後年の稲垣潤一への代表的提供曲『ロング・バージョン』のリズムもやはりボサノヴァである。

大学在学中に、杉真理のバンド「リアルマッコイズ」の活動に参加。リアルマッコイズはやがて「杉真理&レッドストライプス」としてメジャーデビューを果たし、2枚のアルバムを発表するが、ヒットに恵まれず、杉の急病に伴い事実上の解散(後に杉のライブにて限定復活をしている)。

その後、ソロで出場した1977年のヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)第14回大会ではつま恋本選会まで進んだが、受賞は逃した(出場曲は後に佐々木幸男に提供し、EPO・東北新幹線(山川恵津子・鳴海寛のユニット)らがカバーする「セプテンバー・バレンタイン」)。

大学卒業後、大手ゼネコンに就職するが、音楽が忘れられず意を決して退職。しばらくの間はディレクターやスタジオミュージシャンとして、スタジオレコーディングを手掛けたり、他アーティストのライブにコーラスとして参加しつつ、クリスタルキング、大橋純子、竹内まりや、稲垣潤一等への作曲提供をしていた。

ポプコンやレッドストライプスでの挫折から、当初は作曲家・スタジオミュージシャンとしての活動に専念し、ソロアーティストとしての活動には消極的だったが、1981年の寺尾聰の「ルビーの指環」の大ヒットに触発されてデビューを決意した。

ステージ・パフォーマーとしてはギター、キーボードなどのプレイを披露。特に小田和正のソロ初期のステージにおけるギタリストぶりは印象深い。これはかねてより小田と親交があっただけでなく、「リードが弾けてコーラスがとれるギタリスト(ついでに、キーボードもできれば尚可)」という小田サイドの意向が大きかったと言われている。

現在は、ライブを中心とした活動を行っている。

活動履歴

  • 1982年11月、シングル『We Got It!/裸足のバレリーナ』で東芝EMIからデビュー。当時同じ東芝EMIに在籍し、1980年代に活躍したシティ・ポップのアーティストたちと共に「ニューウェーブ4人衆」(稲垣潤一、安部恭弘、鈴木雄大、井上鑑)と呼ばれ注目を浴びた(4人衆の他の3人が相次いで他社に移籍していく中、安部だけは1988年まで東芝EMIに残った)。
  • 1983年3月、ファーストアルバム『Hold Me Tight』を発表。以後1995年まで、オリジナルアルバム11枚を発売(ベストアルバムを除く)。
  • 1996年、芸名を「安部泰宏」と改名。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売:6,000円
(全席自由・税込)
2018年11月24日 (土)
ラゾーナ川崎プラザソル