お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ソポクレス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ソポクレース(ギリシャ語: Σοφοκλ??, Sophokl?s, ギリシア語発音:?[so.p?o.kl???s]; 紀元前497/6年ごろ ? 406/5年ごろの冬)は、現代まで作品が伝わる古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人。ソポクレースは生涯で120編の戯曲を制作したが、そのうち完全な形で残っているものは7作品にすぎない。

また、ソポクレースは、脇役を加えることにより、プロットを説明するにあたってコロスが担っていた重要性を低下させたという点で、作劇法の発展に影響を与えた。また、アイスキュロスなどの先行する詩人たちから、登場人物を大きく発展させた。

概要

三大悲劇詩人の残りの二人はアイスキュロスとエウリーピデースであるが、ソポクレースの処女作はアイスキュロスのそれよりも遅くに書かれ、エウリーピデースのものより早く、もしくは同時代に書かれた。完全な形で現存している作品は『アイアース』、『アンティゴネー』、『トラキスの女たち』、『オイディプース王』、『エーレクトラー』、『ピロクテーテース』、『コローノスのオイディプース』の7作である。ソポクレースはレーナイア祭やディオニューシア祭の期間中にアテーナイで開催される悲劇のコンテストで、50年近くのあいだ最も賞賛された作家であった。コンテスト参加30回のうち、1位の栄冠を手にしたのが18回、残りはすべて次点である。3位以下には一度もならなかった。

生涯

ソピロスの息子、ソポクレースは、アッティカのヒッペイオス・コローノスという集落(デーモス)の富裕な一市民であった。この集落は後にソポクレースの劇作における舞台にもなった。彼自身、この集落の生まれであると考えられている。ソポクレースが生まれた年は紀元前490年のマラトンの戦いの少し前、紀元前497年か496年頃と推測されるが正確な年は不明である。父のソピロスは防具製作の職人であり、一家は裕福であった。ソポクレースは高い教養を身につけ、紀元前468年のディオニューシア祭の悲劇コンテストではじめての優勝を手にした。このときは当時のアテーナイの悲劇詩人のあいだで指導的立場にあったアイスキュロスを下しての栄冠であった。プルタルコスによると、このときの勝利は異様な雰囲気の中、もたらされたという。『対比列伝』中の「キモン伝」によると、籤で選ばれた市民が選考する慣習によらず、アルコン(執政官)がコンテストの勝者を決めるために集まったキモンとストラテゴイに諮った。アイスキュロスはこのコンテストにおける敗北のすぐあとにシチリア島へ旅立ち、そこで客死したという。しかし、少なくとも客死したというのは誤伝で、彼はその後10年間はアテーナイで悲劇を制作し続けた。また、プルタルコスの伝えるエピソードに係る作品が処女作であったということも現代では疑問が呈されている。ソポクレースの処女作は、おそらく紀元前470年のディオニューシア祭で上演された悲劇(その中の一つは『トリプトレモス』である)のどれかである。

紀元前480年、サラミスの海戦におけるギリシアのペルシアに対する勝利を祝う際に、ソポクレースは神に祈りの歌を捧げる合唱隊パイオンの先導者に選ばれた。ソポクレースの創作活動の初期においては、政治家のキモンがパトロンについていた可能性がある。しかし、キモンのライバルだったペリクレスがソポクレースに悪意を抱いたことは一度もなかった。キモンが紀元前461年に陶片追放を受けたときもソポクレースに影響はなかった。紀元前443年から442年にかけて、ソポクレースは「アテーナイの宝」とも呼ばれるヘッレーノタミアイという役職(デロス同盟の財務職)に就き、ペリクレスが政治的に絶頂期にあった時期のポリスの財政運営を手伝った。『ウィタ・ソポクリス』(Vita Sophoclis、ソポクレースの生涯)という書物によると、ソポクレースは紀元前441年にアテーナイの行政をつかさどる十人の将軍の一人に選ばれ、ペリクレスの若き同僚になり、アテーナイ軍のサモス島への遠征に従軍したという。この地位は、ソポクレースの制作した『アンティゴネー』上演の成功がもたらしたものと考えられている。

紀元前420年にソポクレースは自分の家にアスクレーピオス神の祭壇を整え、同神を迎えた。この儀式により、医神アスクレーピオスはアテーナイに導かれたため、アテーナイ市民はソポクレースが亡くなると彼に「デクシオン」(Dexion)、「迎え入れる者」という諡号を送った。ソポクレースはまた、紀元前413年に、ペロポンネソス戦争期間中に、シチリア島へ向かったアテーナイの遠征軍が壊滅したことに対応する事務官(プローブロイの一人に選ばれた。

ソポクレースは紀元前406年から405年にかけての冬の時期に、90歳か91歳で亡くなった。対ペルシア戦争におけるギリシアの勝利と、ペロポンネソス戦争における悲惨な流血とを、その目で見てきた生涯であった。古典古代の有名人の死の多くがそうであるように、ソポクレースの死には数多くの、真偽不詳の尾ひれ羽ひれがつけられた。ソポクレースは自作『アンティゴネー』中の長いセリフを、息継ぎせずに朗誦しようとして絶命したという説がその最たるものである。その他にも、ソポクレースは、アテーナイでアンテステーリア祭が行われているさなか、食事中に葡萄をのどに詰まらせて亡くなったとも、ディオニューシア祭において最優秀の誉れを受けたところ、あまりの幸福ゆえに亡くなったとも言い伝えられている。ソポクレースが亡くなった数ヵ月後、ある喜劇詩人は『詩神たち(ムーサイ)』と名づけた自作の中で、次のような口上を述べてソポクレースの死を悼んだ。「ソポクレースに祝福あれ!かの御仁は長生きし、幸せと才能に恵まれ、多くのよき悲劇を書いた。不運に苦しむことなく、首尾よく人生を終えた。」

一方で、ソポクレースは晩年に耄碌したとして、後見人を必要とする宣言をするよう息子たちから迫られたとも伝えられている。老詩人はこれに対して、法廷で当時未発表の自作『コローノスのオイディプース』の一節をそらんじてみせることによって反駁したと言われている。キケロはこのエピソードを『老年論』の中で詳しく語っている。なお、ソポクレースの息子の一人イオポーンや、孫のソポクレース(祖父と同名)もまた、劇詩人になった。

作品と遺産

ソポクレースは数々の作劇上の新機軸を演劇にもたらした。彼が最初に試みたことは、三人目の演者の導入であった。この発明はギリシア演劇におけるコロスの役割を大幅に減じ、物語の展開と登場人物同士のぶつかり合いの表現の可能性を拓く大きなきっかけとなった。ソポクレースが脚本を書き始めたころアテーナイの劇作界に大きな影響を及ぼしていたアイスキュロスでさえもソポクレースの後に続き、晩年に向けて自作に三人目の演者を登場させる構成になっていった。アリストテレスはスケノグラピア(skenographia)と呼ばれる背景美術ないし舞台美術を最初に導入した人物がソポクレースであるとしている。巨匠アイスキュロスが紀元前456年に亡くなってはじめて、ソポクレースはアテーナイで最も卓越した悲劇詩人となった。

これ以後、ソポクレースは悲劇コンテストで勝利を重ね、ディオニューシア祭で18回、レーナイア祭で6回、優勝した。ソポクレースの作品は構成上の革新に加え、登場人物たちの掘り下げ方に、従来の悲劇詩人たちよりも深いものがあることが知られている。ソポクレースの名声は遠く異国にまで聞こえ、宮廷への出仕の誘いが一再ならずあったが、シチリアで亡くなったアイスキュロスやマケドニアで暮らしたエウリーピデースとは異なり、ソポクレースはこの種の誘いをすべて断った。ソポクレースの作品『オイディプース王』は、アリストテレスが『詩学』の中で、悲劇における最高傑作の一例として挙げており、ソポクレース作品が後世のギリシア人にも高く評価され続けていたことがわかる。

現代まで伝わる7作のうち、制作年代がわかっているのは、『ピロクテーテース』(前409年)と『コローノスのオイディプース』(前401年、ソポクレースの孫が亡くなった後に上演された)の2作だけである。その他の作品については、『エーレクトラー』が上記二作と様式上の類似を見せていることから、おそらく同時期、ソポクレース晩年の作であろう。同様に様式上の要素を検討したところによると、『アイアース』、『アンティゴネー』、『トラキスの女たち』の三作が初期作品であり、『オイディプース王』が中期に位置づけられる作品であると一般的に考えられている。ソポクレースの詩劇のほとんどには、その奥底に宿命論が一貫して流れると共に、ソクラテス的な論理の運び方の萌芽も見られる。これらはギリシア悲劇に長く続く伝統として受け継がれていった。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:6,500円
(全席指定・税込)
2018年12月12日 (水) 〜
2018年12月24日 (月)
KAAT
神奈川芸術劇場
大スタジオ
販売終了