お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

島田歌穂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

島田 歌穂(しまだ かほ、9月19日 - )は、日本の女優、歌手、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科の教授。本名は島 歌穂(しま かほ)。

人物・履歴

東京都港区出身。音楽家の父・島田敬穂と、宝塚歌劇団卒業生でジャズ歌手の母・筑波嶺玲子(別名:丹波礼子)との間に生まれ、4歳のときにバレエとピアノを始める。ささきいさおは、彼女の父から発声のレッスンを受けていた。母は宝塚歌劇団退団後にジャズ歌手に転身し、ハナ肇とクレージー・キャッツの前身、ハナ肇とキューバン・キャッツにもボーカルとして在籍していた。港区立青山中学校、私立東亜学園、東京都立城南高等学校を経て堀越高等学校卒業。

1974年 - 1977年放送、テレビ朝日系『がんばれ!!ロボコン』のヒロイン・ロビンちゃんで子役デビュー。

1979年放映の『俺はあばれはっちゃく』では、主人公・桜間長太郎の姉・てるほを演じる。

1980年放送の『GOGO! チアガール』でも主演格でレギュラー出演した。

その後、なかにし礼によってアイドルとして見出され、1981年トリオレコードより歌手デビュー。

1982年、ミュージカル『シンデレラ』で初舞台。以後、舞台女優に転身。

1987年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演のエポニーヌ役で脚光を浴び、2001年までロングラン公演に参加し出演回数は1,000回を超えた。

また、各国で公演されている同作の世界ベストキャストに選ばれ、日本の女優として初めて英国王室主催のエリザベス女王陛下 御前コンサート『ザ・ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス』(1987年)に出演し、その模様は英国公共放送局のBBCで全英放送された。

更に1990年には世界選抜キャストとしてレコーディングに参加したアルバム『レ・ミゼラブル/インターナショナル・キャスト盤』がアメリカにてグラミー賞を受賞するなど国際的にも高い評価を得る。

一方、音楽活動も精力的に行い、1988、89年には『NHK紅白歌合戦』に2年連続で出場。

1990年代、TBS系ドラマ『HOTEL』の主題歌『ステップ・バイ・ステップ』『フレンズ』『約束』がヒット。

『KAHOファーストコンサート』(1987年)から始まったコンサート活動も毎年回を重ね、1998年にはマレーシアで、2006年は台湾ツアーと海外でもコンサートを行う。

また各オーケストラや交響楽団とのコンサートも数多く行っている。

1994年、ピアニスト、作・編曲家、プロデューサーの島健氏と結婚。同年からスタートした島田歌穂&島健Duoコンサートは、全国200ヵ所以上で公演、延べ10万人以上が来場。尚、和田誠と平野レミ夫妻が彼らの仲人でもある。

楽曲のレパートリーは、ミュージカルは勿論、ジャズからポップス、民謡に至るまで幅広い。

他にも、2006年に映画『サウンド・オブ・ミュージック』マリア役の吹き替え、2017年ディズニー映画『美女と野獣』プリュメット役、2019年『メリー・ポピンズ リターンズ』トプシー役(メリル・ストリープ)の吹き替えや、東京ディズニーシーのスペシャルイベントのテーマ曲『Thanks to You』『Welcome to Christmas』『We Go On』歌唱、自ら祖母の人生を綴った著書『私の祖母は「101歳のお嬢さま」』(潮出版社)を2008年に出版、2015年、宝塚歌劇団『TOP HAT』日本初演の歌唱指導など幅広く活躍。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。