お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

スターダンサーズ・バレエ団



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団(スターダンサーズ・バレエだん)は、1965年に創立された東京都港区南青山を拠点とするバレエ団。理事長:石坂泰彦)。略称はスタダンSDB

当初はアメリカン・バレエを上演することを目的として、寄せ集めの人材で構成された。コンテンポラリー作品に特色がある。長らく代表は太刀川瑠璃子だったが、2003年秋、小山久美にバトンタッチされた。芸術監督に、厚木凡人、鈴木稔など、個性的な人材が集まっており、クラシック作品中心の日本のバレエ団では異色の存在であろう。1996年にピーター・ライトを芸術顧問に迎えた。

歴史・沿革

  • 1964年「スター・ダンサーの競演によるバレエ特別公演」(日比谷公会堂)
  • 関直人の「ワルツ・ノーブル・センチメンタル」「帯」「白の旋律」の3作品
  • 太刀川瑠璃子の最後の舞台。以後、バレエ団経営の裏方に回る。
  • ニューヨークから帰国した小川亜矢子も参加する。
  • 1965年「アントニー・チューダー・バレエ特別公演」
    • 「暗い悲歌」「火の柱」「底流」「リラの園」「小さな即興曲」アントニー・チューダー特別招聘
  • スターダンサーズ・バレエ・カンパニー発足
    • 服部・島田バレエ団のスタジオを借りた。
    • 当初は、太刀川瑠璃子、小川亜矢子の2名代表体制。
  • レパートリー

    • ピーター・ライト版
      • 「ジゼル」
      • 「コッペリア」
      • 「くるみ割り人形」
    • ジョージ・バランシン振付作品
     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。