お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

茶谷健太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

茶谷 健太(ちゃたに けんた、1998年1月16日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴

プロ入り前

浜須賀小学校から「三ヶ丘スポーツ少年団」で軟式野球を始め、浜須賀中学校では投手として「緑中央シニア(現・横浜青葉シニア)」に所属。

帝京第三高等学校では、1年から控えとしてベンチ入りし、3年春には4番エースになったが、春季山梨大会ベスト4が最高で、第97回全国高等学校野球選手権山梨大会では、準々決勝で甲府城西高等学校に4対2で敗れ、甲子園出場はなかった。

プロ志望届を提出し、2015年10月12日に行われたドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから4位指名を受け、11月21日に契約金4,000万円、年俸500万円で入団した。

背番号は55

ソフトバンク時代

2016年はキャンプ前に内野手に転向。二軍公式戦において5試合に出場し、三軍戦では77試合に出場、打率.204の成績を残す。

2017年、3月18日に行われたウエスタン・リーグ、対阪神タイガース戦において、8番三塁手で先発出場、6回にタイムリーツーベースを放ち、二軍公式戦初打点を挙げる。二軍公式戦には66試合に出場し、1本塁打、18打点、打率.247をマーク。一軍最終戦となった10月8日にKoboパーク宮城で行われた対東北楽天ゴールデンイーグルス戦において一軍初昇格を果たし、その試合で途中から三塁手の守備に就いた。6回に回ってきた打席では、則本昂大からプロ初打席初ヒットを放った。10月19日、11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された。

2018年は一軍公式戦に出場することはできなかった。二軍公式戦には三塁手や遊撃手として起用され、87試合に出場し、3本塁打、19打点、打率.246を記録。前年よりも出場試合数を増やしたものの、打撃面で成長は今一つ見られなかった。11月4日、球団から来季の支配下選手契約を結ばないことを通告された。育成契約の打診があったが、これを断った。12月2日、自由契約公示。

ロッテ時代

2019年1月23日に千葉ロッテマリーンズへ育成選手として入団することが発表された。同年中には再度の支配下契約には至らず、二軍では主に遊撃手として118試合に出場し、6本塁打、48打点、8盗塁、打率.271を記録した。

選手としての特徴

  • 投手時代は、最速145km/hのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールを投げた。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:15,000円(税込)さらに750Pゲット!

【ご注意】
★カード決済のみ。2020年1月25日(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2020年2月1日 (土) 〜
2020年3月10日 (火)
IHIステージアラウンド東京