お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

居島一平



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

居島 一平(おりしま いっぺい、1974年(昭和49年)10月22日 - )は、日本のお笑い芸人、漫才コンビ「米粒写経」のボケ担当。ワタナベエンターテインメント所属。

来歴

東京都江東区亀戸出身。江東区立第三亀戸中学校、都立城東高校卒業。中学2年から落語に傾倒、送別会や謝恩会では「一寸間亭此野野呂(ちょっとまていこのやろ)」の名で高座に上がった。また新聞委員を丸3年つとめ、昭和天皇崩御を扱った号は「毎日中学生新聞」に掲載される。また、高校時代は監督・脚本・主演・主題歌の自主制作映画を撮った事もある。また坂口安吾にも傾倒していた。この頃は授業をサボりまくって映画館に入り浸っており、そのためか学校の成績は悪かった。

「どん底の成績の分際でももし滑り込める大学があるなら、そこで仏教ないしはインド哲学の勉強を、安吾に倣って神経衰弱になるまでしてやろう」という動機から、呉智英の著作にも影響を受けたこともあり種智院大学への進学を考えたが、遠方で下宿代がかかり親に負担をかけるため断念。1993年、駒澤大学仏教学部に進学しサンスクリット文学研究会に入会するがすぐに挫折。大学の雰囲気も肌に合わず3ヶ月で音を上げて中退した。翌1994年、早稲田大学社会科学部に入学し直し、落語研究会に籍を置きつつ太田出版にて編集のアルバイトに精を出す。この時に、落研時代の高座名を現在のピン芸人の別名義である、「大本営八俵」を称し始めた。

ピン芸人として、1996年頃よりお笑いカルトシンガー、元気いいぞうの「自宅ライブ」にレギュラー出演するようになり、1997年1月なかの芸能小劇場での同氏独演会に「鬼毒人(おにどくと)」の名でゲスト出演、これが実質的なプロ初舞台となる。1998年、落研の後輩であるサンキュータツオを誘い、「米粒写経」を結成、浅草キッド主催ライブ「浅草お兄さん会」のネタ見せに合格し、以降高田文夫編集「笑芸人」にて東京漫才ベスト50組にも選出された。

人物

  • 父親は朝日新聞社の記者、母親は元朝日新聞社、新潮社の校正部員、父方の祖父は大日本帝国陸軍の軍人で、陸軍学校の同期に元伊藤忠商事瀬島龍三、二・二六事件において包囲軍として参加し、包囲していた反乱部隊の中に五代目柳家小さんが居たと回想している。両親の馴れ初めが、父親が執筆したあさま山荘事件のインタビュー形式の記事を母親が校閲した事がキッカケに付き合ってその2年後に自身が生誕しているので、事件については人一倍の思いを持ってる。また、編集アルバイト時代、親しくなった編集者の紹介で、宮崎学の出版記念パーティーの司会を務めた事もあり、そのパーティの打上げの宴席にて見た目が厳つい男がやってきて、編集者にあさま山荘事件の犯人であった、元連合赤軍の植垣康博を紹介された事がある。また、祖母が小学生時代から演芸場に連れて行っていた事から、演芸にハマり芸人になって行く源流となったと認めている。
  • 自他共に認める歴史マニアであり、読書家である。虎ノ門ニュース楽屋入り(※2018年9月現在休止中)では趣味である映画鑑賞をベースにした映画漫談コーナー「オリシネマ」が存在する。
  • ボッシュ、土佐の絵金、佐伯俊男等に影響を受けたと自称する、筆ペンを使った独自の画風である絵もに定評があり、主催ライブのチラシはほとんど自分で描き上げて、2016年のコンビでの自主ライブにて画集を発表し完売した。また、新井健一郎(ドラゴンゲート)率いるヒール軍団"ディープドランカーズ"のメンバーTシャツ用にイラストを提供もしている。
  • 篠原勝之に"インテリコメディアン"と命名されているが、「物を知りすぎている」= 「テレビに向かない」、と認識されている。しかし、自身も認識しており、テレビのネタ見せバラエティ番組のプロデューサーの趣味に合わせたネタ作りには否定的な見方をしている。
  • 落語が趣味のため、近年お笑いライブや番組出演の機会では「アントニオ猪木落語」を発表する機会もある。

出演

テレビ

  • Cutie Honey Universe(AT-X・TOKYO MX)- いぼ痔小五郎役

インターネット動画配信

  • 真相深入り!虎ノ門ニュース(DHCテレビ、2015年4月1日) - ※MC
  • 今夜も築地テラスで(JPLIVE.TV、2013年1月21日)

ラジオ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。