CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小林啓子

小林啓子

小林啓子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小林 啓子(こばやし けいこ、1946年12月10日 - )は、日本のフォーク歌手、ラジオパーソナリティ、女優。

略歴

東京都生まれ。作家の小林信彦は従兄弟。

聖心女子学院英語専攻科在学中からプロ活動を開始。1968年(昭和43年)、TBSラジオ・MBSラジオ『雪印 チーズパーティーNo.1』のテーマソング『ふとした時に』(作詞・井上頌一/作曲・吉村英世)を、石岡宏とデュエットで発表。

1969年、キングレコードより『こわれた愛のかけら』でデビュー。同年結成されたNHKのヤング101に第一期生として加入して、NHK総合テレビの音楽番組『ステージ101』に1970年1月10日の第一回放送から出演した。番組のオリジナルソングの一つである『恋人中心世界』(作詞・小平なほみ/作曲・中村八大)を歌い人気を博した。ヤング101には1971年4月まで在籍した。

ヤング101に在籍中の1970年5月に発表したソロ・シングル『比叡おろし』(作詞/作曲・松岡正剛)がヒット。 '70年代の森山良子と並んで「日本のジョーン・バエズ」と称された。

1977年に発表された3作目のソロ・アルバム『ちょっと気分をかえて』は、高橋幸宏の兄で、当時小林の夫だった高橋信之のプロデュースによって制作された。

2002年(平成14年)、シャンソン歌手の石井好子や永六輔からの呼びかけもあり、約30年ぶりに音楽活動を再開した。 2004年10月22日には27年ぶりに『明日咲くつぼみに。』(ミニアルバム)を発売した。

2021年『デビュー55周年【おやすみ30年】記念コンサート』開催。

作品

シングル

  • こわれた愛のかけら(1969年2月)
  • さよならをいうまえに(1969年11月)
  • 比叡おろし c/w 恋人中心世界(1970年5月)
  • ひとりぼっちの午前10時(1970年9月)
  • こころあたり(1971年5月)
  • からっぽの世界(1972年)
  • レイルウェイ・ララバイ 〜一枚の切符から〜(1977年4月) - 国鉄による旅行誘致キャンペーン「一枚のキップから」のTV-CMソング。
  • 気分を出してもう一度(1977年9月)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。