お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

伊東潤



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。

略歴

浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学社会科学部を卒業。日本アイ・ビー・エム(株)をはじめとした外資系企業に勤務後、2006年初頭に(株)クエーサー・マネジメントというコンサルティング会社を設立。一時はコンサルタント6名を使い、手広く事業展開していたが、2008年9月のリーマンショック後、事業が不振になったため清算し、2010年初頭から専業作家となった。

企業経営のかたわら2002年頃から小説の執筆を開始し、2007年に角川書店(現KADOKAWA)から『武田家滅亡』で持ち込みデビューを果たした。

子供の頃から読書を趣味とし、2015年の「新刊展望」に書いたエッセイ「ぼくは”ゴン”が好きな子供だった」では、「母によると、私は三、四歳の頃、「何か一つ買ってあげる」と言われると、デパートのおもちゃ売り場を、さんざん回った末、結局、本屋さんに入り、「ゴン」と言って絵本を買ってもらう子供だった」と書いている。

子供の頃から無類の小説好きで、夏目漱石、森鴎外、三島由紀夫といった文豪作品はもとより、司馬遼太郎、吉川英治、吉村昭、海音寺潮五郎、井上靖、新田次郎、津本陽といった作家たちの歴史小説を乱読。さらに江戸川乱歩、松本清張、横溝正史、高木彬光、森村誠一といったミステリー系の作家から、小松左京や筒井康隆といったSF系の作家までジャンルにこだわらず読んでいた。

かつて週刊現代に連載していた「人生の十冊」というコーナーで、「人間が分かる、人生が分かる歴史小説ベスト10」として、以下の作品を挙げている。

1.『深重の海』津本陽 生きることの切実さや、本当の意味が分かる。

2.『箱根の坂』司馬遼太郎 理念や理想を持って生きていくことの大切さが分かる。

3.『利休にたずねよ』山本兼一 人生にとって欠かせない美や芸術について分かる。

4.『海の史劇』吉村昭 計画立案力・情報収集力・決断力の大切さが分かる。

5.『炎環』永井路子 憎悪・嫉妬・怨恨など人間の感情について分かる。

6.『宮本武蔵』吉川英治 道を究めること、何かを徹底することの重大さが分かる 

7.『海の都の物語』塩野七生 一つの価値観(民主主義)を守っていくことの大切さが分かる。

8.『天平の甍』井上靖 何かを学びたい、伝えたい、広めたいという情熱について分かる。 

9.『八甲田山死の彷徨』新田次郎 指揮系統をはっきりさせること、またリーダーシップや状況判断の重要性が分かる。

10.『樅の木は残った』山本周五郎 耐えること、何かのために犠牲になることの大切さが分かる。

また外国文学も好み、自身のメルマガで【私の好きな海外ミステリー】(一作家一作品)として、以下の作品を挙げている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。