お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

前野健太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前野 健太(まえの けんた、1979年2月6日 - )は、日本のシンガーソングライター。埼玉県入間市出身。通称「マエケン」。

ライブでは、アコースティックギターソロ、エレキギターソロ、バンド「前野健太とDAVID BOWIEたち」「前野健太とソープランダーズ」、「前野健太 with おとぎ話」などの形態で出演。

来歴・概要

  • 2000年頃より作詞・作曲をはじめ、東京都内を中心にライブ活動、自宅での録音を精力的に行う。
  • 2004年 バンド「さむつらす」を結成、ギター・ボーカルを担当する。
  • 2006年 「さむつらす」活動休止。再びソロになり、並行してメンバー不定形バンド「前野健太バンド」(現「前野健太とDAVID BOWIEたち」)を始動する。
  • 2007年9月 自ら立ち上げたレーベル”romance records”よりアルバム『ロマンスカー』をリリースしデビュー。
  • 2008年 映画「梅田優子の告白」の映画音楽を担当。
  • 2009年1月 2ndアルバム『さみしいだけ』発表。全曲一人で多重録音を行う。
  • 『ロマンスカー』収録の「天気予報」が、映画『デトロイト・メタル・シティ』のメイキング映像の挿入歌として使用される。
  • 2009年元日、東京・吉祥寺で行われたゲリラライブを1カット74分で撮影したドキュメンタリー映画「ライブテープ」(松江哲明監督)は、第22回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で作品賞を受賞[1]。
  • 2009年12月 吉祥寺の銭湯、弁天湯で風呂ロックを開催する。松江哲明もトークゲストとして参加。
  • 2010年 日本全国、および、ドイツ、NY、ロンドンなどでライブを行う。
  • 2011年1月 「曽我部恵一と前野健太の一週間」ライブを行う。各公演で新曲を1曲ずつ披露するという画期的なライブ。福岡公演よりスタート。
  • 2011年2月 3rdアルバム『ファックミー』リリース。
  • 2011年10月 映画「トーキョードリフター」(監督:松江哲明/出演:前野健太)が、第24回東京国際映画祭で上映される。同年12月10日に渋谷ユーロスペースにて公開[2]。
  • 2011年12月14日、映画「トーキョードリフター」のサウンドトラック・ミニアルバム『トーキョードリフター』を発売。CD発売記念ジャパンツアーと題し「前野健太とDAVID BOWIEたち」で初の全国レコ初ツアーを行う。
  • 2011年12月 第14回みうらじゅん賞を受賞。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    先着先行

    <カンフェティ取扱チケット>
    S席:8,500円
    (全席指定・税込)

    【ご注意】
    ★カード決済のみ。2/16(土)10:00以降にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
    ★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
    ※電話予約不可
    2019年2月24日 (日) 〜
    2019年3月17日 (日)
    東京芸術劇場
    プレイハウス