CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 一色采子

一色采子

一色采子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

一色 采子(いっしき さいこ、1958年10月1日 - )は、東京都出身の女優。本名:大山 采子(おおやま さいこ)、旧芸名:一色 彩子(現芸名と読み同じ)。父は画家の大山忠作、弟は東京ヴェルディ役員の大山昌作。女子美術短期大学卒業。トゥフロント所属。

人物・来歴

テアトル・エコー養成所在籍中にオーディションに合格し、菅原文太主演の『警視庁殺人課』での主要メンバー・眉村冴子刑事(エンジェル)役でデビュー。新人ながらも三田村邦彦や関根大学らに混じって華麗なアクションを披露する一方、ヌードを交えたお色気シーンも演じていた。

2004年に母が死去して以降は芸能活動を休止し、残された父を支えていた。

画家である父の死後は遺産相続に悩んだが、遺された200点近い作品を相続しても高額の維持費がかかることを考え、全ての作品を父の故郷の福島県二本松市に寄贈。

二本松市大山忠作美術館を設立し、女優業に復帰(同時に美術館の名誉館長を務めている)。

左利き。趣味は乗馬、園芸。特技は日本舞踊(坂東流名取「坂東晃祿」)、鼓(「藤舎彩子」)、三味線、長唄(今藤流)。

出演

テレビドラマ

  • 警視庁殺人課(1981年、ANB / 東映) - 眉村冴子刑事(愛称・エンジェル) 役
  • 火曜サスペンス劇場(日本テレビ系)
    • 死の断崖(1982年) - 美千代 役
    • 妻たちの昼下がり(1983年) - 順子
    • 盲点(あな)(1984年)
    • 父にかかる電話(1985年)
    • 霊感を呼ぶ女たち(1988年)
    • 名無しの探偵シリーズ6 愛の虚構(1990年)
    • フルムーン旅情ミステリー2 みちのく殺人事件(1990年)
    • 女弁護士 高林鮎子12 L特急あずさ13号の女(1993年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。