お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

平賀マリカ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

平賀 マリカ(ひらが マリカ、5月31日 - )は、日本のジャズ・シンガー。東京都出身。

来歴

1977年駒澤短期大学英文科卒業後、駒澤大学文学部英米文学科に編入学し卒業。大学では軽音楽サークルに所属。

大学在学中にジャズボーカルをマーサ三宅に師事。OL時代、マーサ三宅の勧めで「アマチュア・アジア音楽祭」予選に出場、1位となり日本代表に。1981年、香港で開催された「アマチュア・アジア音楽祭」本選で金賞を受賞、その後プロ入り。。ボイストレーニングを伊藤君子に師事。その後ニューヨークにてジャムセッション、ボーカルレッスンを経て帰国。2001年自身初のジャズ・スタンダード集CD『My Shining Hour(マイ・シャイニング・アワー)』をリリース。

ピアノトリオに4トロンボーンセクションを駆使したアレンジでスタンダードを歌うアルバムは話題を呼び、スイングジャーナル誌上で女性ボーカルCDセールストップ10入りを果たす。

2003年度第19回日本ジャズヴォーカル賞 優秀歌唱賞を受賞。2004年4月中野坂上ハーモニーホールにて受賞記念コンサートを開催 。

2006年にエリック・アレキサンダー(sax)、ハロルド・メイバーン(p)トリオとの共演アルバム『フェイス』が《スイングジャーナル選定ゴールドディスク》を獲得しブレイク。

2007年に『クロース・トゥ・バカラック』でデビット・マシューズ(p, arr)率いるマンハッタン・ジャズ・クインテットと共演。新たなバカラック・スタンダードとして高い評価を受け、国内制作のボーカルアルバムとしては最高の栄誉である【第41回スイングジャーナル主催ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞】を受賞。

2008年、ボサ・ノヴァ誕生50周年のメモリアル・アルバムとして『バトゥカーダ〜ジャズン・ボッサ〜』を発表。マイケル・フランクス(vo)、フィル・ウッズ(sax)、ケニー・ギャレット(sax)、ランディー・ブレッカー(tp)と共演。

2009年に『シング・ワンス・モア〜ディア・カーペンターズ〜』を発表。二作とも【ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞】を受賞。史上初となる同賞3年連続受賞の快挙を達成。

2012年、『シングス・ウィズ・ザ・デューク・エリントン・オーケストラ』をリリース。伝説的ビッグバンド、デューク・エリントン楽団と共演。夏には台北インターナショナル・ジャズフェスティバルに招聘され出演。

2015年ヘンリー・マンシーニとジョニー・マンデルのオリジナルを再構成した『マンデルシーニ 』を発表。

ホールコンサート、ジャズ・フェスティバル、ラジオパーソナリティ、音楽専門誌上でのルポ執筆等、多岐に渡る活動を展開する日本のジャズシーンを代表する実力派ヴォーカリスト。

歌手・作曲家・音楽プロデューサー大澤誉志幸は大学で同じ軽音楽サークル「駒澤フォーク村愛好会」の洋楽グループであった。「どこかでジャズを習えないか」という平賀の問いに、大澤が「ジャズボーカル教室を知ってる」と即答、マーサ三宅の教室を紹介した。

受賞


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。