お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

木村昴



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

木村 昴(きむら すばる、1990年6月29日 - )は、日本の声優、ラッパー、俳優、ナレーター。ドイツ出身。アトミックモンキー所属。天才劇団バカバッカ主宰。本名はスバル・サミュエル・バーチュ(Subaru Samuel Bartsch)、日本名は芸名と同じ。東京都立晴海総合高等学校卒業、亜細亜大学中退。

経歴

1990年、ドイツ・ライプツィヒにてドイツ人でオペラ歌手の父と日本人で声楽家の母との間に生まれる。7歳までをドイツで過ごし、日本へ移住した後に劇団日本児童へ所属。2002年ミュージカル・『アニー』でタップダンサーとして出演しキャリアをスタートさせた。

小学生のころに、ものまね番組『まねキン』(日本テレビ)に羽賀研二に似ている小学生として出演、全出演者を驚愕させた。そのことがきっかけで『ものまねバトル』(日本テレビ)でミニミニ羽賀研二という名前で何度か出演した。

2005年4月15日よりテレビ朝日系アニメ『ドラえもん』にて、たてかべ和也に代わりジャイアンこと剛田武の声を担当。「大人になってから周囲に自慢しよう」と思っていたが、3月にジャイアン役が公になってからは同級生や先輩後輩から「ジャイアン(先輩)」と呼ばれるようになり、「剛田武(=ジャイアン)として生きていく」ことを覚悟する。この当時木村はまだ中学生だったため、たてかべが「ジャイアン役を継いでくれる人と酒を飲みたい」と考えていたため、木村が当時中学生であることを知ってがっかりし、あと5年は長生きして一緒に飲みたいと語った。そして木村が成人して5年近くの月日が流れた2014年、一緒に飲みに行くことが実現した。しかし2人で飲み交わす機会はこれが最初で最後となり、たてかべは2015年6月に死去。その際、木村はツイッターにたてかべを追悼するメッセージを投稿した。

スネ夫役の関智一のことを「師匠」と語っており、慕っている。高校卒業を間近に控えていた頃、舞台の芝居に興味を持った木村は、関が座長を務める劇団ヘロヘロQカムパニーに誘ってもらうため「365日芝居のことを考えていきたい。一端の声優になりたいんですが、どうしたらいいんですか?」と関に相談したところ、「それなら劇団を作ったら?」と助言を受ける。木村としては自分の師匠である関なら快く誘ってくれると思っていただけに予想外な返事で呆気に取られたが、師匠の言葉なら間違いないと高校卒業直後の2009年に木村自ら座長となって劇団を旗揚げし、座長の師匠である関から「天才劇団バカバッカ」と命名された。一方、木村から相談を持ち掛けられた当の関本人は「ボケのつもり」で上記の返事をしたとのことで、「無理ですよ〜」「だよね〜」という感じのノリで終わると思っていたところ、即座に木村が劇団を立ち上げるとは思っていなかったと笑いながら語っている。

たてかべからジャイアン役を引き継いでからはジャイアン役に専念していたが、2011年のアニメ『輪るピングドラム』に高倉冠葉役で出演し、声優としての転機となる。劇団に所属するべきではない年齢になっていたころに同作品のオーディションの知らせを受ける。オーディションでは監督の幾原邦彦に個別に呼び出され「ヘタクソ」と評されるも良い声をしていると褒められ、兄役ができるか聞かれたためできると返答し合格となる。何を言ってもジャイアンになってしまう状況を脱するため練習を続け、作品が終了してからようやくジャイアン以外を演じられるようになったという。

アマチュア落語家として「のゝ乃家ぶらんけんぶるく」(立川志ら乃の客分弟子として)、「有楽亭声独」(落語声優天狗連2020〈ニッポン放送主催のイベント〉で命名))の二つの高座名を持っている。

2019年、第13回声優アワードにて、『ヒプノシスマイク』として歌唱賞を受賞。

2020年10月から『おはスタ』(テレビ東京)のメインMCを務める。

人物

趣味・特技は英語、ドイツ語。

大のラップ好きであり、『ヒプノシスマイク』では好良瓶太郎の名義で作詞活動を行うなどの活躍をしている。2019年からはラッパーの掌幻とラップユニット「掌幻と昴」を結成し、音楽活動を開始する。エミネムを尊敬している。

洋画吹き替えではタロン・エガートンを持ち役にしている。

名前の「昴」は、谷村新司の「昴」にちなみ祖母が命名。自身もこの曲を「人生のテーマソング」と話すほど気に入っており、AbemaTVにて関智一らの前で熱唱した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。