お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

生島翔



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

生島 翔(いくしま しょう、1985年7月28日 - )は、日本のコンテンポラリーダンサー・俳優・振付家。本名同じ。東京都出身。株式会社生島企画室所属。父はフリーアナウンサーの生島ヒロシ、兄は俳優の生島勇輝(株式会社ケイダッシュ所属)。

来歴・人物

フリーアナウンサー生島ヒロシの次男として生まれる。

千代田区にある暁星中学を卒業後、15歳よりアメリカ・カルフォルニア州にある寄宿舎制の芸術高校アイデルワイルド・アーツ・アカデミーに単身留学。英語は全く話せない状態での渡米だったが、ダンスを専攻する。

高校を卒業後、ニューヨーク大学・ティッシュ・スクールオブジアーツに進学し、ダンスを専攻、同校を飛び級で3年間で卒業した。

大学卒業後、アメリカでアーティスト・ビザを取得しダンサーとして活動。ニューヨークを拠点にパリッシモ(Palissimo)やブライアン・ブルックス・ムービング・カンパニー(Brian Brooks Moving Company)といったダンスカンパニーに出演、振付家としても活動を始める。同時期にフィジカルシアターに興味を持ち、ダンスだけでなく演劇も学び始める

2009年、インプラスタンズ・ダンスウェブ・スカラシップという奨学金を日本代表として取得し、ImpulsTanz Festivalにて世界各国の選出メンバーと過ごす。

その後、ドイツ・カッセル州立劇場(Staattheater Kassel)とソリストとして契約。活動拠点をドイツに移す。

俳優の夢を捨てきれず、2010年に帰国。ダンサーを続けながら俳優としてミュージカルや舞台にも出演するようになる。

2011年、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)をきっかけに、宮城県気仙沼市を中心に東北地方での復興支援活動を始める。2015年3月、自身が兄と共に出演してきた震災ドキュメンタリードラマ「Kessennuma,Voices.東日本大震災復興特別企画」にて、父生島ヒロシと共演を果たす。

出演作品

テレビドラマ

  • 金曜プレステージ「小京都連続殺人事件 スパイスは復讐の味」(2012年5月4日、フジテレビ)
  • Kesennuma, Voices. 東日本大震災復興特別企画〜堤幸彦の記録〜(2012年3月11日、CS TBSチャンネル)
    • Kesennuma, Voices.2 東日本大震災復興特別企画〜2012 堤幸彦の記録〜(2013年3月11日、CS TBSチャンネル)
    • Kesennuma, Voices.3 東日本大震災復興特別企画〜2013 堤幸彦の記録〜(2014年3月11日、CS TBSチャンネル)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,000円(税込)
2019年3月15日 (金) 〜
2019年3月16日 (土)
座・高円寺2