お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

リッカルド・ドリゴ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

リッカルド・エウジェニオ・ドリゴ(Riccardo Eugenio Drigo, 1846年6月30日 パドヴァ - 1930年10月1日 同地)は、イタリアのバレエ作曲家、指揮者。ロシア・サンクトペテルブルクの国立バレエ団(Imperial Ballet)のカペルマイスターおよび音楽監督としての長いキャリアで知られる。

生涯

ドリゴはパドヴァで家族の友人Antonio Jorichに音楽を習った後、ヴェネツィアの音楽学校でアントニオ・ブッツォーラ(ガエターノ・ドニゼッティの教え子)に師事した。彼はピアノ教師を務め、また故郷で作曲家・指揮者として成功を収めた。

1878年にドリゴはロシアへ移住し、この地で40年以上を過ごすこととなった。1879年、彼はサンクトペテルブルクでイタリア・オペラの指揮者に任命された。1886年に彼はこの地位を辞して、国立バレエ団の指揮者・作曲家の地位に就いた。彼はロシアで最先端のダンサーや振付師たち(マリウス・プティパ、レフ・イワノフら)と共に活動した。彼が最初に指揮したのはチャイコフスキーの『眠れる森の美女』と『くるみ割り人形』であった。1899年、彼はプティパ振り付けのバレエ『海賊』(Le Corsaire, サンクトペテルブルク、1899年)第二幕の有名なパ・ド・ドゥの音楽を作曲した。ドリゴ自身が作曲を行った作品もまた有名なものであった。1900年に初演されたバレエ『百万長者の道化師』(Les Millions d'Arlequin)は、国際的な名声を得ることとなった。同曲の中のセレナードは特に有名になり、後にベニャミーノ・ジーリのためにE・A・マリオの詞を付けた歌曲としても発表している。

ドリゴは自主的に亡命のような状態に身を置いたものの、時折はイタリアを訪れ続けていた。最終的に1920年、彼はロシア革命後のロシアに身を置けなくなり、パドヴァへと戻った。その後、地元の劇場のためのバレエ作品を数作作曲している。1930年、故郷パドヴァにて逝去。84歳没。

主な作品

バレエ

  • 百万長者の道化師(Les Millions d'Arlequin
  • 魔法の笛(La Flute magique
  • フローラの目覚め(Le reveil de Flore
  • タリスマン(Le Talisman

外部リンク

  • リッカルド・ドリゴの楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクト。PDFとして無料で入手可能。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!S席11,000円 → 8,600円さらに200Pゲット!
2019年3月15日 (金) 〜
2019年3月17日 (日)
東京文化会館(大ホール)