お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

仲本工事



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

仲本 工事(なかもと こうじ、1941年〈昭和16年〉7月5日 - )は、日本のコメディアン、歌手、ギタリスト、作曲家、お笑いタレント。ザ・ドリフターズ、こぶ茶バンドのメンバー。本名、仲本 興喜(なかもと こうき)。

東京府東京市渋谷区(現在の東京都渋谷区)出身。イザワオフィス所属。バンドでの担当はボーカルとギター。血液型はA型。身長160cm、体重66.5kg。両親は共に沖縄県からの上京者。ドリフ映画での呼び名は「メガネ」。

来歴

東京都立青山高等学校在学中は300人中7番の秀才で、東京都で2位の成績を残した体操選手としても活躍、文武両道であった。将来は弁護士になることを志望していた。同級生には俳優の橋爪功がいた(ただし橋爪は転入生である)。

学習院大学政治経済学部卒(他の大卒メンバーは荒井、高木、志村であり、このうち志村は社会人学生として大学を卒業している)。大学時代、ジェリー藤尾率いるジャズ・バンド「パップ・コーンズ」にセカンドシンガーとして本名で参加。この時のバンジョー奏者に高木智之(後の高木ブー)がいた。ドリフターズ加入前には加藤英文(後の加藤茶。加藤の本名)とともにクレイジーウエストに参加していたこともある。

高木の誘いにより1965年1月1日付でドリフターズに加入。高木はいかりやに紹介するギタリストを仲本にするか、それとも同じバンド仲間の青木健にするか少し悩んだが、いかりやがあまりに急いでいたため、すぐ連絡が取れた仲本に声をかけたと述べている。また、当初両親が芸能界入りに反対したため、いかりやが連日仲本の自宅に通って説得したという。

1966年、日本武道館で開催されたビートルズ日本公演の前座としてドリフターズも参加。『ロング・トール・サリー』(邦題:『のっぽのサリー』)を仲本のリードボーカルで演奏した。

1969年10月、ドリフターズをメインに据えた国民的バラエティ番組『8時だョ!全員集合』がスタート。仲本もメンバーとしてグループの中枢を支える。

1981年、競馬のノミ行為が発覚し、志村けんとともに書類送検された。志村に比べて賭け金が大きかった事から、『8時だョ!全員集合』のプロデューサーだった居作昌果共々競馬法違反で略式起訴され罰金刑を受けた。この事件は当時の新聞の社会面やトップを飾り(朝日新聞の見出しは『ノミ馬券だョ!全員集合』)、仲本、志村は以降しばらく『全員集合』をはじめとするテレビ出演を見合わせ、ドリフターズ全員で出演していた永谷園のテレビCMも、仲本、志村を除く3人のみのバージョンに差し替えられるなど、芸能活動を1か月半自粛した。また、同年7月25日放送の『全員集合』での学校コントでは、仲本自身がこの件に関連したネタを披露する場面があった。なお、いかりやも一緒に関わっていたにもかかわらず、実際に摘発されたのは仲本、志村の2人だったという。

1982年、妻(紀子夫人)が心不全で亡くなる。

1985年、主演の『8時だョ!全員集合』が番組終了。

1990年、水戸黄門第19部で左甚五郎役を演じる。

1991年、美恵夫人と再婚。

1997年4月から6月にかけてフジテレビ系で放送されたドラマ『総理と呼ばないで』で官房事務副長官の役を演じる。

2002年、SMAPの稲垣吾郎とANAのテレビCM「超割(神様編)」で共演。

2003年6月、明治乳業「VAAM」のテレビCMで高橋尚子、高木ブーと共演。

2004年11月26日に発売されたサザンハリケーン(学習院大学の後輩)のCDのジャケットに登場。

2006年6月、所属事務所を通じて、美恵夫人と2004年に離婚していたことを発表した。美恵夫人との間には1男2女を儲けている。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(1・2階席):11,000円
(全席指定・税込)
2019年3月9日 (土) 〜
2019年3月18日 (月)
明治座