お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

皆川博子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。

父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。

来歴・人物

朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。

『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。

80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。

新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

受賞・候補歴

太字が受賞したもの

  • 1970年 - 「川人」で第2回学研児童文学賞(ノンフィクション部門)受賞。
  • 1972年 - 「ジャン・シーズの冒険」で第18回江戸川乱歩賞候補。
  • 1972年 - 「地獄のオルフェ」で第20回小説現代新人賞候補。
  • 1973年 - 「アルカディアの夏」で第20回小説現代新人賞受賞。
  • 1973年 - 「トマト・ゲーム」で第70回直木賞候補。
  • 1976年 - 『夏至祭の果て』で第76回直木賞候補。
  • 1979年 - 『冬の雅歌』で第7回泉鏡花文学賞候補。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。