お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

中野振一郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中野 振一郎(なかの しんいちろう、1964年 - )は、日本のチェンバロ奏者。京都府出身。

略歴

京都生まれ、名前は朝永振一郎に由来。1986年、桐朋学園大学音楽学部演奏学科(古楽器専攻)卒業。

1990年10ー11月の4回連続の独奏会「ヨーロッパ・チェンバロ音楽の旅」により大阪文化祭金賞等を受賞。翌年7月、フランス「ヴェルサイユ古楽フェスティバル」のクープラン・サイクル(9人のチェンバリストによる)に、ケネス・ギルバートやボブ・ファン・アスペレンらと出演。1992年6月、「バークレー古楽フェスティバル」に出演。1993年、ロンドン・ウィグモア・ホールでデビュー・リサイタルを開く。

1994年10ー12月、サイモン・スタンデイジとの二重奏を含む演奏会「チェンバロ三夜物語」を開く。1995年3ー10月に「日経リサイタルシリーズ / ワークショップ・オブ・ミュージック」に出演し、「柔軟・自由・ほどよい即興で自然体」(音楽評論家・中河原理=1995年6月19日付朝日新聞夕刊より)、「さりげない素顔を見せるこの若い音楽家は、間違いなく、日本が世界に誇るべき名手である」(音楽評論家・岡本稔=1995年10月20日付日本経済新聞夕刊より)と評された。1999年2月のドイツ公演では、コレギウム・ムジクム・テレマンを指揮。同年、東京、名古屋、大阪でバッハ『ゴルトベルク変奏曲』を演奏し、「各変奏が持つ世界を可能な限り忠実に描出しようとする真摯な姿勢には心を打たれる」「この基本的な解釈にさらなる年輪が刻まれるのを見守っていきたい」(音楽評論家・岡本稔=1999年11月9日付日本経済新聞夕刊より)と評された。2003年5月、「バッハフェスティバル・ライプツィヒ」にて独奏及びコレギウム・ムジクム・テレマンと共演。

多数のソロ・アルバムをリリース。2000年の「ゴルトベルク変奏曲」ではヒストリカル・チェンバロとモダン・チェンバロによる演奏をあわせ収録。

主な受賞歴

  • 1991年度 - 大阪文化祭賞・金賞、大阪市・咲くやこの花賞
  • 1992年度 - 村松賞、関西芸術大賞・シルバー賞
  • 1994年度 - 大阪文化祭賞・本賞
  • 1995年度 - 大阪文化祭賞・本賞
  • 1996年度 - 大阪文化祭賞・本賞
  • 1996年度 - 文化庁芸術祭音楽部門・新人賞
  • 2000年度 - レコードアカデミー賞 (録音部門・『ゴルトベルク変奏曲』)
  • 2003年度 - 第22回京都府文化賞
  • 2004年度 - 兵庫県芸術奨励賞
  • 2004年度 - 文化庁芸術祭・大賞

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席 5,000円、A席 4,000円
(税込)
2019年4月13日 (土)
海老名市文化会館
大ホール