お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

レジス・パスキエ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

レジス・パスキエ(R?gis Pasquier, 1945年10月12日 - )は、フランスのヴァイオリニスト。父のピエール・パスキエ、叔父のジャン、エティエンヌはパスキエ三重奏団の創設者。兄のブルーノ・パスキエはヴィオラ奏者。

経歴

1958年、12歳でパリ国立高等音楽院のヴァイオリン科と室内楽科を一等賞で卒業。2年後にはニューヨークでリサイタルデビュー。ニューヨークではアイザック・スターン、ダヴィッド・オイストラフ、ピエール・フルニエ、ナディア・ブーランジェ、ジノ・フランチェスカッティらの薫陶を受ける。フランチェスカッティとはJ.S.バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲を録音した(ドイツ・グラモフォン)。以来、国際的な演奏活動を行っている。これまで、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団とのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をはじめ、シャルル・ミュンシュ、ロリン・マゼール、レナード・バーンスタイン、シャルル・デュトワ、小澤征爾、ジョルジュ・プレートル、ジャン・フルネ、マイケル・ティルソン・トーマス、エド・デ・ワールト、ミシェル・プラッソン、マティアス・バーメルト、大友直人、下野竜也、高関健、大植英次らの指揮者、欧米、日本(NHK交響楽団、東京交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団)、オーストラリア、南米など各国の主要オーケストラと共演。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの常連メンバーでもある。

兄でヴィオラ奏者のブルーノ、チェロのロラン・ピドゥーとの新パスキエ三重奏団や、ピドゥーとピアノのジャン=クロード・ペヌティエとのピアノトリオなど、室内楽奏者としても精力的に活動している。また1977年から1986年まではフランス国立管弦楽団のコンサートマスターを務めた。

ジョルジュ・エネスク賞、シャルル・クロス賞、フランスのレコード・アカデミー賞などの受賞歴を持つ。85年にはフランス政府より文化勲章を授与される。

1998年より1734年製グァルネリ・デル・ジェスを使用している。以前は、ミッシャ・エルマンが所有していた1735年製ストラディヴァリウス"Samazeuilh"、1730年製ドメニコ・モンタニャーナ"Hubay"、1742年製ドメニコ・モンタニャーナなどを使用していた。

1985年から2011年までパリ国立高等音楽院ヴァイオリン科および室内楽科教授を務め、ダヴィド・グリマル、瀬崎明日香など数多くのヴァイオリニストを育てた。現在はパリ・エコールノルマル音楽院の教授を務めている。日本では京都フランス音楽アカデミー、いしかわミュージックアカデミーなどの講習会で定期的に教鞭をとっている。モントリオール国際音楽コンクール、仙台国際音楽コンクールなどの審査員も務めている。

録音

  • パガニーニ:24のカプリース
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、5つのメロディ(ピアノ/パスカル・ロジェ)
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲(ピアノ/ジャン=クロード・ペヌティエ)
  • イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲
  • バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番、ピアノ四重奏曲(ピアノ/ジャン=クロード・ペヌティエ、ヴィオラ/ブルーノ・パスキエ、チェロ/ロラン・ピドゥー)
  • ブラームス:弦楽六重奏曲第1番
  • ラヴェル:ヴァイオリンとピアノのための作品集(ピアノ/ブリジット・エンゲラー)
  • ラヴェル:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための作品集(ピアノ/ジャン=クロード・ペヌティエ、チェロ/ロラン・ピドゥー)
  • フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ(ピアノ/エマニュエル・ストロッセ)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):4,000円(税込)
2019年11月30日 (土)
海老名市文化会館
小ホール