お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

樋口尚文



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

樋口 尚文(ひぐち なおふみ、1962年4月 - )は、映画評論家、映画監督。

略歴

佐賀県唐津市に生まれる。東京芝学園中学・高校を経て早稲田大学政治経済学部卒。中学時代から8ミリ映画を制作し、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)に『ファントム』で入選(1983年)。一方で映画論の執筆も開始し、ダゲレオ映像評論賞に入賞。1985年に初の書き下ろし映画評論集を出版。1987年には、株式会社電通に入社。以来、CMプランナーとして多くのTVCMを企画。クリエーティブプランニング局部長、クリエーティブディレクターを経て、2017年に独立、合同会社オブスキュラに所属。

30年の電通勤務のかたわら、映画評論家、映画監督として活動。キネマ旬報、朝日新聞、読売新聞、映画秘宝などを中心に評論を寄稿。キネマ旬報でのテレビドラマ時評「テレビ・トラベラー」は17年にわたる長寿連載となる。2013年よりYahoo!ニュースにて映画レビューコラム「樋口尚文の千夜千本」を連載。文化庁芸術祭、芸術選奨、キネマ旬報ベスト・テン、毎日映画コンクール、日本映画プロフェッショナル大賞、日本民間放送連盟賞、藤本賞、優秀外国映画輸入配給賞、神奈川芸術祭映像コンクールなどの審査委員を委嘱される。日本文藝家協会会員。

2013年、閉館が決まった銀座シネパトスを舞台にした初の劇場用映画『インターミッション』(出演:秋吉久美子、染谷将太、香川京子ほか)を監督。2018年、劇場用映画の第2作『葬式の名人』(原案:川端康成、出演:前田敦子、高良健吾、有馬稲子ほか)を大阪府茨木市市制施行70周年記念事業として監督。2019年、ティ・ジョイ配給で全国公開。。(関連項目=映画評論家一覧)

著書

  • 『ポスト・ヌーヴェル・ヴァーグ』(北宋社、1985年)
  • 『映画の復讐』(フィルムアート社、1992年)
  • 『グッドモーニング、ゴジラ 監督本多猪四郎と撮影所の時代』(筑摩書房、1992年、国書刊行会、2011年)
  • 『テレビヒーローの創造』(筑摩書房、1993年)
  • 『女優と裸体』(読売新聞社、1994年)
  • 『黒澤明の映画術』(筑摩書房、1999年)
  • 『大島渚のすべて』(キネマ旬報社、2002年)
  • 『「砂の器」と「日本沈没」 70年代日本の超大作映画』(筑摩書房、2004年)
  • 『「月光仮面」を創った男たち』(平凡社新書、2008年)
  • 『ロマンポルノと実録やくざ映画 禁じられた70年代日本映画』(平凡社新書、2009年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。