CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 芳賀正光

芳賀正光

芳賀正光



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

芳賀 正光(はが まさみつ、1965年2月16日 - )は、青森県出身のプロデューサー、クリエーター、作家。

商品開発やPR戦略の企業アドバイザーの他、エンターティメント分野では、映画、テレビ、WEB等の映像を中心にしたプロデューサー、クリエイター、作家として活動している。

プロフィール

  • 映像、音楽、イベント等のエンターティメント事業から、商品開発、CM製作、企業アドバイザー、ボランティア活動と幅広く活躍している。
  • 2001年にブロードバンド時代の先駆けとして、「見たい!出たい!作りたい!」をコンセプトに、日本最大級のオリジナルコンテンツ数を誇る、ブロードバンド放送局「あっ!とおどろく放送局」を開局。
    • 同局にて自らの冠番組「エムPの勝手チャンネル」に出演している。前番組「エムPの安達チャンネル」では、親交の深い放送作家安達元一と共演し業界の裏話などを繰り広げていたが、安達のスケジュールの都合から降板となり約6年続いた番組名を変更した。
    • スザンヌ、Wコロン、重盛さと美、オードリー、坂口杏里、等、多数のタレントが、同局の生放送で初レギュラー番組を通じて有名になっていったと言われている。また、民放番組にイモトアヤコの初メディア登場番組等、有名になる前のタレントの映像を多数保有していたことで資料映像を提供することが多々ある。
    • 忌野清志郎のプライベート番組「KNN(清志郎ニュース・ネットワーク」や「織田哲郎のオダテツ辞典」、「?田延彦の引退!独占インタビュー」、「カトケンの第三次世界小戦」、「一宿一通」等、TV番組では実現できない番組が多数企画されていた。
    • 同局最大のアクセス数を誇った番組は、「一宿一通」(2001年9月15日 - 2002年9月15日)、「一宿一通2」(2007年3月1日 - 2008年8月24日)。2人の青年が徒歩だけで日本一周するドキュメンタリー作品(スタッフ等も同行せず、2人だけで記録撮影した作品)。一宿は民泊することを差し、一通は、見知らぬ次の宿主あてに手紙を書くことを指している。この旅の最初の手紙を芳賀正光が書いている。
    • この作品は、後にドキュメンタリー映画として公開されている。
  • テレビとインターネットの融合の先駆者として知られ、「世界バリバリバリュー」(TBS)では、Yahooオークションとの連動、「カワズ君の検索生活」(CX)では、Yahooの検索データの連動、「アッと驚くあの起源!!万物ルーツ大調査 バラエティご起源さん」(TBS)では、Yahoo知恵袋との連動等をプロデュース。
    • 特に、「カワズ君の検索生活」では、構想から番組開始まで2年という歳月がかかったことを番組公式ブログに記述。ネットとテレビの本格的融合を苦悩の末、着地できたことを喜んだ。
    • ネット検索データの重要性を説き、検索総合研究所を立ち上げ「YAHOO!JAPAN検索ワードランキング」(東邦出版)を出版する。「カワズ君の検索生活」(CX)、「くるくるドカン」(CX)では、放送中に画面下段で常にジャンル別の検索ランキングをスクロールしていた。
  • プロドライバーとしてパリ・ダカール・ラリー出場やモンゴル・ラリーのサポート、アルベールビルオリンピックのサービスカー等、モータースポーツに精通している。
  • 自身に格闘技歴があり、元プロボクサー西島洋介選手の「PRIDE」参戦時にはセコンドを務めたり、高田延彦選手の引退時には、記念Tシャツの自画像の作家として忌野清志郎を起用。また、「PRIDE」の地上波放送が中止された際には、「あっ!とおどろく放送局」で配信も手掛けている。
  • 「ampm」「NTT DoCoMo」「ロッテリア」「小樽洋菓子舗ルタオ」 等のSP、CMや、千綿ヒデノリ、下川みくに他、音楽PVも手掛けている。
  • 「ロッテリア・エール・ミュージック」、「ルタオ・エール・ミュージック」、「ドスパラ・エール・ミュージック」等、店内放送型情報番組という新たなメディアを展開している。
  • ラップ姫の小島あやめ、まねきねこダッグのますやまたかし、映画「八日目の蝉」で史上最年少で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した渡邉このみ等、人気子役が歌う楽曲の作詞を手掛ける事が多い。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。