お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

にく



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

(にく、英: flesh)とは、

  • 動物の、主に筋肉からなる部分。
  • 上記の肉のうち、食用となるもの。(動物には魚類も含まれ、広義には魚肉も含まれうるもので英語でもfish meatと言うが)(日本語では単に「肉」と言うと大抵はもっと狭義に用いて)特に、魚以外のものを指す。
  • 果実の、皮と種子の間にある柔らかい部分。

単に「肉」というと、動物の、主に筋肉からなる部分のことである。素朴な表現では身体を「骨と肉と皮」などと言うことも多いが、この場合の「肉」は「骨」や「皮」と対比されている。「肉」は近世に解剖学が発展する以前の、素朴な概念であり、現代の学問では「肉」として研究されるのではなく、もっと細分化した上で研究されている。現代人があえて「肉」と言う場合は大抵、あえて非学術的な、主に古代以来の素朴な概念枠を提示したい時である。

動物

広辞苑では「皮膚におおわれ、骨格に付着する」との説明を載せている。なお素朴な概念では、消化器官・心臓・脳などは「内臓」として区別する方法も一般的である。

(現代的な、古代の概念体系とは異なった概念体系を用いて分析すると)「肉」は主に筋肉ではあるが、細かく見てゆくと、脂肪組織も含んでおり、血管も通っており、神経線維も含まれている。これはあくまで現代の細分化された概念体系、分類体系である。→現代の概念枠のほうは解剖学動物解剖学人体解剖学、を参照。

食肉

動物の肉のうち、食用に供するもの(食肉)を、日常的には単に「肉」と呼んでいる。例えば肉屋やスーパーの「肉売り場」などで販売されている。こうした店や売り場では動物の内臓(モツ)も扱っており、それも広義の食肉に当たる。→食肉製肉

植物
  • 果実の、川と種子の間にある柔らかな部分を「肉」あるいは「果肉」と言う。 →果肉
  • 厚みのある葉の内部組織は肉質とも呼ぶ。→肉質
機械装置と対比し人間の身体を指す用法

骨や皮と対比するのでなく、機械と対比する用法である。

  • 機械装置を用いずに、直接、人の目で見ることは「肉眼」と言う。→肉眼
  • ワープロなどの機械を用いずに、人の手で筆やペンを直接持って書くことは肉筆。→肉筆
  • マイク・電話・スピーカー・拡声器などの装置を通した声と対比して、人ののどから出て直接耳に届く「生の声」を「肉声」と言う。
聖書における「肉」
  • 聖書では「肉」という表現が多用されている。様々な意味で用いられていて、霊(ヘブライ語(旧約)聖書のルーアハやギリシア語(新約)聖書のプシュケー)と対比した人間の物質的な面など、文脈により7通りほどのの用法があると指摘する研究者もいる。→肉 (神学)
漢字の部首
  • 漢字の部首のひとつを「肉」とも言う。→肉部
比喩

工学やDIYなどでは、比喩を用いて、素材を「肉」とたとえる場合があり、例えば「肉厚」は厚みが厚いことを指す。素材が過剰に使われている場合は比喩で「贅肉」と言ってみたり、不要な部分を削ることを「肉抜き」などと言うこともある。

また、機械装置の余分な部分も比喩で「贅肉」と呼ぶこともある。例えばレーシング・カーなどでも、早く走ることには不要な部分を「贅肉」と呼んで、製肉の加工で脂肪を包丁で削るのに喩えて「削り取る」などと表現して、設計図から除去したり、不要な機械部品を取り外す。→比喩


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。