お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

大神拓哉



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大神 拓哉(おおが たくや、1984年5月13日 - )は、福岡県出身の日本の俳優。五社プロダクション、企画演劇集団ボクラ団義所属。

人物・来歴

18歳でパントマイムとストリートダンスを始め、体で何かを表現する道を志す。

19歳で上京、都内の養成所で3年間映像演劇を学び、在学中に数々の演技賞を受賞する。

養成所を卒業後、舞台を踏んでいく中でイッセー尾形と出会い、一人芝居を学ぶ。

企画演劇集団ボクラ団義にて俳優活動をしながら、ボクラ団義主宰・演出家の久保田唱とともに一人芝居『Vivid Cafe』をコンスタントに発表している。

ボクラ団義のネットテレビ『ボクラ.TV〜民放への道〜』『ボクラのなかTV〜地上波への道〜』『ボクラ〇〇TV〜宇宙への道〜』ではメインパーソナリティも務めている。

生家は由緒ある神社。自身も神職資格を取得しており、神主として祈願を行うことがある。

主に舞台演劇を中心に活動。コミカル・シュールなキャラクター、物語の中でも異彩を放つ役柄を演じる事が多い。近年は映画出演や自団体以外の舞台に立つことも増え、活動の場を着実に広げている。

2013年ENG第一回公演『SLeeVe』は実に数年振りの外部団体出演であった。以降、オーディションに見事合格し出演した北九州芸術劇場プロデュース公演『彼の地』、第18回鶴屋南北戯曲賞(主催:光文文化財団)を受賞したKAKUTA『痕跡《あとあと》』、カムカムミニキーナ劇団旗揚げ二十五周年記念公演『スワン・ダイブ』など注目の舞台に次々と出演している。

2016年4月より、五社プロダクション所属。

2018年1月大神拓哉とドラマー・作編曲家、椎木崇文が中心となり立ち上げたプロジェクト"Lyrick Town"(リリックタウン)が始動。 

出演

舞台

  • 企画演劇集団ボクラ団義vol.1『re・call』阿佐ヶ谷アルシェ (2007年12月20日 - 23日)
  • 企画演劇集団ボクラ団義vol.2『and After』アイピット目白 (2008年7月31日 - 8月3日)
  • 企画演劇集団ボクラ団義vol.3『オトトイ』(主演)アイピット目白 (2009年1月29日 - 2月1日)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):4,000円(税込)
2020年1月24日 (金) 〜
2020年1月26日 (日)
スターフィールド

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
前売:4,800円
当日:5,000円
(税込)
2020年2月20日 (木) 〜
2020年3月1日 (日)
新宿村LIVE