お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

増田惠子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

増田 惠子(ますだ けいこ、1957年(昭和32年)9月2日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。本名(現姓)・桑木 啓子(くわき けいこ)。

1970年代にアイドルデュオ「ピンク・レディー」のケイとして活躍した。血液型はO型。

ケイ・オフィスに所属し、佐藤企画と業務提携。静岡県静岡市葵区出身。

経歴

デビュー前

1957年、現在の静岡市駿河区八幡にて、小林家の三人兄妹の末っ子として生まれる。1961年、父の死去に伴い焼津市に住む母の姉夫婦に預けられ、1964年叔母夫婦の養女となる。1971年4月、静岡市立末広中学校に転向し、翌、1972年根本美鶴代(後のミー)と出会う。

1973年4月、常葉高等学校(現:常葉大学附属常葉高校)に入学。この年の暮、ヤマハのオーディションに参加し、「ジョニィへの伝言」「恋の衝撃」を歌って優勝する。翌1974年、浜松のヤマハボーカルスクールへ根本と通い始め、根本とのデュオ「クッキー」の名でヤマハポピュラーソングコンテストに出場した。楽曲は「恋のレッスン」。


1976年2月、日本テレビ「スター誕生」の決戦大会にて合格し、同年8月25日、ピンク・レディーのケイとしてビクター音楽産業、T&C ミュージックから「ペッパー警部」でデビュー。数々の大ヒットを記録し、一世を風靡した。

ソロデビュー

1981年3月31日のピンク・レディー解散後はソロ歌手、増田 けい子として、デビュー曲の「すずめ」が40万枚のヒット。オリコンチャート8位を記録。全日本有線放送大賞特別賞を受賞した。その後も「ためらい」、「らせん階段」、などをリリースした。その後、芸名を増田惠子に改め、「女優」、「FU・RI・NE」などをリリース。一方女優としても数多くのドラマや映画に出演している。又、1988年にはパリに渡り、兼ねてから興味を抱いていたシャンソンを学び、翌年の1989年、IVS音楽出版バックアップのもとフランスデビューを遂げた。フランスでは仏語6曲、英語4曲でレコーディングされたアルバム『Simples Confidence』(全10曲)"KEIKO MASUDA 増田恵子"がJUST'IN(ジュスティーヌ)より発売。プロモーションを兼ね仏放送出演、又、グランダルシュにてライブパフォーマンスなどが行われた。同アルバムの日本盤は『Voice Cologne』とタイトルが変わり徳間ジャパンより発売された。

2002年6月23日、音響会社「ギルド・ジャパン」社長の桑木知二と結婚。2003年から2005年のピンク・レディー復活コンサート以後は、テレビのバラエティー番組への出演も増えた。2004年9月、自叙伝『あこがれ』を出版。2005年12月7日、ソロとして15年ぶりに新曲「奇蹟の花」をリリース。2008年8月6日には19年振りのソロアルバム『Now & Then 〜もいちど遊びましょ〜』をリリースした。また、2012年11月、ソロデビュー30年を記念し「Colors」30th Anniversary All Time Best が発売され、2014年には、初のカバーアルバム「愛唱歌」がリリースされた。

2017年12月30日、TBS系「第59回・輝く!日本レコード大賞」(新国立劇場)において、「没後10年・作詞家デビュー50年・特別賞」を受賞した恩師・阿久悠の功績を讃え、レコ大の舞台には39年ぶり・直近のコンサートツアーからは6年ぶりにピンク・レディーとしてステージに立ち、同じく恩師である都倉俊一の指揮によるオーケストラにて「ぺッパー警部」「ウォンテッド」「UFO」の3曲を「レコ大SPメドレー」として披露した。 その後、2018年には、恩師・阿久悠の遺作に加藤登紀子が曲を手掛けた「最後の恋」と、カバー曲の「富士山だ」がカップリング発売された。

同年、12月30日の第60回記念のレコ大では、1978年「UFO」でレコード大賞を受賞した当時の司会者・高橋圭三への追悼を込め、再びステージに立った。2017年よりも2曲多い「UFO」「S・O・S」「渚のシンドバッド」「サウスポー」の4曲ノンストップメドレーを披露した。


ディスコグラフィ

シングル


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):2,000円(税込)

2020年9月5日 (土)
厚木市文化会館
大ホール