お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

公益財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県に複数存在するプロオーケストラのうちの一つである。(神奈川県内のプロオーケストラとしては、他に横浜シンフォニエッタや東京交響楽団が存在する)横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。

沿革

  • 1970年(昭和45年) - 3月に鎌倉で金子登、前田孝市郎(幸市郎)が前身の「ロリエ管弦楽団」をプロ・オーケストラに改組して発足。10月7日に神奈川県立青少年センターで、大木孝雄の指揮により第1回定期演奏会を行う。
  • 1978年(昭和53年) - 現名称で財団法人の認可を受ける。
  • 1985年(昭和60年) - 特定公益増進法人としての認可を受け、神奈川県、川崎市、横浜市、文化庁からの助成を受ける。
  • 1998年(平成10年) - 横浜みなとみらいホールが開館。10月3日の第150回定期演奏会から使用開始。それまで主に神奈川県立音楽堂で行われてきた定期演奏会は、このホールの開館を機に、徐々に横浜みなとみらいホールと神奈川県民ホールの2館態勢へと移行した。2006年-2007年シーズンは、全10回の定期演奏会を、みなとみらいホールで6回、県民ホールで4回行ったが、県民ホールでの定期演奏会は2007年3月を最後に、その後は定期演奏会全公演をみなとみらいホールで行っている。
  • 2001年(平成13年) - ハンス=マルティン・シュナイトが6月16日、第177回定期演奏会で定期初登場。プログラムは、レスピーギ 「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」、モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595」(ピアノ:伊藤恵)、モーツァルト「交響曲第40番ト短調 K.550」。
  • 2002年(平成14年) - 9月7日に第189回定期演奏会で常任指揮者、現田茂夫指揮によりプッチーニ作曲「トゥーランドット」を演奏会形式で取り上げる。
  • 2003年(平成15年) - 11月14日に第200回定期演奏会で常任指揮者、現田茂夫指揮によりプッチーニ作曲「蝶々夫人」を演奏会形式で行った。
  • 2010年(平成22年) - 創立40周年記念演奏会、マーラー作曲、交響曲第2番「復活」を常任指揮者、金聖響指揮で神奈川県民ホールにて行った。
  • 2011年(平成23年) - 約3億円の債務超過による経営難により存続の危機に陥る中、当時の神奈川県知事だった黒岩祐治が応援団長となり、ブルーダル基金の募金活動を実施。
  • 2014年(平成26年) - 4億6千万円を超える寄付を集め債務超過が解消され、公益財団法人へ移行。
  • 指揮者陣

    桂冠芸術顧問

    • 團伊玖磨 - 1996年から2001年まで芸術顧問をつとめ、2001年5月の急逝後に桂冠芸術顧問の称号が献呈された。

    桂冠指揮者

    • 山田一雄

    名誉指揮者


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。