お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

松山鷹志



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松山 鷹志(まつやま たかし、1960年4月2日 - )は、日本の声優、俳優、歌手、作詞家。

東京都出身。RIKIプロジェクトを経て青二プロダクション所属。本名は松山 高。別名に松山 タカシ

人物

来歴

中学生の時にバレーボール全国大会で優勝し、推薦で明治大学中野高校入学。その後、演技の道に進み文学座の養成所に入るが、「お前はいらない」との理由で準劇団員にはなれなかった。

デビュー作品について「顔出しのデビューは覚えていないが、おそらく再現フィルムみたいなもの」と発言しており、また「ちゃんとした芝居でのデビュー作は『太陽にほえろ!』で、同作品に出演していた渡辺徹とは文学座の研究生で同期だった」という。

大学の先輩である大川俊道監督による自主製作映画『クラッシュ・オン・ユー』ではハント敬士と共に主役を演じ、以降『クライムハンター 怒りの銃弾』『サニー・ゲッツ・ブルー』など、大川監督作品のほとんどに出演している。

実写では大川作品の他、押井守、柏原寛司監督作品の常連として作品に出演する一方、小道具係・運転手などのスタッフとしても活動。その他、映画『呪怨』シリーズの佐伯剛雄役などがある。

エピソード

川合俊一は、明治大学中野高校の2つ下の後輩であり、よく彼をしぼったりいじめたりしたと言う。「何もできない奴だったけどブロックだけは凄かった」と述べている。

声優の皆川純子によれば「アドリブ大王」である。テレビドラマ『仮面ライダークウガ』の杉田守道役もテレビアニメ『テニスの王子様』の越前南次郎役も台本どおりにしゃべったことがない。ただし即興的なアドリブではなく、ネタを練って5パターンくらい考え、さらに台本にネタを書き込むという緻密なアドリブで芝居にのぞんでいる。

出演

太字はメインキャラクター。

俳優業

映画


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。