お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柴田秀一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柴田 秀一(しばた しゅういち、1957年9月2日 - )は、日本の元アナウンサー。

神奈川県川崎市出身。1981年4月、神奈川県立川崎高等学校を経て日本大学法学部政治経済学科卒業後、TBS東京放送(現・東京放送ホールディングス)にアナウンサーとして入社。TBSテレビ編成局アナウンス部エキスパート局次長・解説委員・TBSラジオニュースデスクを歴任。2017年2月28日付けで、定年まで7ヶ月を残し、TBSテレビを退職。3月から日本大学法学部新聞学科教授を務める。

来歴・人物

学生時代には司法試験を2度受験して失敗しているが、行政書士試験には合格している(ただし登録はしていない)。また、大学では国際法のゼミに所属していたほか、教職課程を履修しており、現在は教職課程履修者やマスコミを志す学生に対する講演会を母校で行うこともある。

1981年4月、TBS東京放送(旧法人)にアナウンサー19期生として入社(同期には中村尚登)。TBSに入社以来、一貫して報道畑を歩み続ける。1985年から1990年頃にかけて、報道部に異動。記者としても勤務していた。

その後は記者からアナウンサー専任へと戻る。ニュース・報道番組を担当する傍らで、1990年代には『ザ・フレッシュ!』『情報!もぎたてサラダ』といった平日の帯番組の司会を務めることがあったが、あいにく視聴率には恵まれず両番組ともに1年以内に終了。

ほかに通常の出演者の代役や、特別番組の進行役を務めることもあった。例として2003年、『あさがけウォッチ!』の司会と『ウォッチ!』のニュースコーナー担当にて同局の秋沢淳子が体調不良のため代役を務めたことがある(長岡杏子と交代)。正月・年末年始の『JNNフラッシュニュース』や深夜・昼間の『JNNニュース』、元旦のニュースを吉川美代子と共に務めたこともある。一方、1996年のいわゆるTBSビデオ問題に関する4時間にわたる検証番組の進行役や、2004年には拉致被害者家族の帰国時にJNN報道特別番組の司会進行も務めた。

2005年の番組開始時から2008年3月まで『みのもんたの朝ズバッ!』にレギュラー出演。司会のみのもんたの不在時には代役司会を務めており、みのが放送上不適切な発言をした際の謝罪も担当していた。同番組ではレギュラー降板後も、みの不在時には引き続き代役司会を務めている。2009年4月から1年間、TBS解説委員の肩書きで同番組に再びレギュラー出演した。

2010年10月からはTBSラジオに出向。ニュースデスクを担当。

ジャンルを問わず音楽を趣味としているが、クラシック音楽のコンサートを鑑賞することが多い。1998年、会社同期からの誘いにより毎日放送が主催する『サントリー1万人の第九』の合唱団に参加し、以後も毎年のようにプライベートで参加している。

2017年2月28日、TBSテレビを定年7ヶ月前に退社。同日に出演したラジオ『たまむすび』では「定年退職」である、と説明した。

2017年3月1日、日本大学法学部新聞学科教授として現代メディア社会論を担当する。なお、退社時に出演していた番組への出演は当面継続している。

現在の出演番組

テレビ

  • はやドキ!(2016年4月 - )月・水曜日担当ニュース解説

ラジオ

  • 爆笑問題の日曜サンデー - 毎月第2・4週目担当(「ラジオサンデージャポン」コーナーのニュース解説)
  • TBSラジオニュース - 火曜日担当ニュースデスク

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。